バッファローのUSBメモリ型のポータブルSSD買ってみました

パソコンの周辺機器の中でポータブルSSDというジャンルが確立された感がありますね。かなり多くの製品が比較的手頃な価格で入手可能になりました。

以前このあたりのデバイスは、容量が大きな製品は2.5インチのHDDを使ったポータブルHDDでした。SSDの大容量化と低価格化が一気に進んだ関係でそのポジションを丸ごとSSDが奪った形と言えるでしょう。

ハードディスクは可動部分があり衝撃に極端に弱い部品も使っています。このため本来は持ち運んで使うにはあまり適していないデバイスです。これに対しSSDはその名のソリッド・ステート・ドライブの通り、可動部分を一切持ちません。自重も軽いので基本的に衝撃に強いデバイスなのです。

このポータブルSSD、しばらく前まではサイズ感がポータブルHDDに近い製品が主力でした。それがここに来てやや性能は抑えたスペックになっているものの、サイズがUSBメモリとほとんど同じで価格もよりお手頃な製品が登場し始めました。

バッファロー SSD 外付け 250GB 小型 コンパクト ポータブル PS5/PS4対応(メーカー動作確認済) USB3.2Gen1 ブラック SSD-PUT250U3-B/N

先日著者はバッファロー製のこのタイプのポータブルSSDの250GBタイプを購入、少しずつあれこれ試してみています。これまでに分った使い勝手や性能などを詳細にレポートします。

製品概要

まず製品の概要から紹介します。

製品名はバッファローのSSD-PUT250U3-B/N
USBメモリサイズのポータブルSSDの250GB品です。同じ製品で他に500GBと1TBのバリエーションがあります。

接続はUSB3.2 Gen1x1で、いわゆるUSB3.0接続ですね。論理的なインタフェース上の最大転送速度は5Gbpsです。

製品のスペックシート上のSSDとしての転送速度は最大430MB/sとされています。

お手軽価格&ハンドリング

この製品の最大の特徴はやっぱりその小ささになるでしょう。
取り扱う感じは完全にUSBメモリそのものです。

厚みが若干ありますが、特に気になるようなボリュームではありません。

USBコネクタ部分を格納できますので、コネクタの保護も確実に行えます。

価格の方はAmazonで記事執筆時点では250GB品が税込み4,880円。500GBが7,480円、1TBが12,280円となっています。

USBメモリの大容量製品とあまり差のない価格で購入可能なお手軽製品なのも特徴です。

十分以上の性能

まずは最初に手元のパソコンのUSBコネクタに接続して性能をチェックしてみました。ベンチマークで使ったソフトはいつも通り定番中の定番CrystalDiskMerkです。

結果の方は以下の通りで非常に優秀な数字を叩き出しました。

シーケンシャルリードではスペックシートに記載された数字を超える460MB/s以上の数字が出ています。

USBの規格では転送速度はインタフェースの論理限界の8割までしか使わないはずですので、USB3.2 Gen1での実効最大転送速度は4Gbps=500MB/sとなります。SSD-PUT250U3が示した数値はこのインタフェース限界に迫る非常に優秀なものと言えます。

QD1でのランダムリード/ライト性能もかなり高く、SSDとしての素性はかなり優れている感触ですね。

その代わりQD32での転送速度はあまりふるわず、この辺りにはお手頃価格製品なりの限界が見え隠れしている気がします。ただこの部分にはインタフェースがUSBになっている影響も考えられますので、単純なSSDの性能とは言い切れない部分も残します。

とりあえずは性能的にはとても優れた良い製品と言えるでしょう。容量あたりの単価が大容量USBメモリとさほど違わない上に、性能の観点では数段以上上。使い勝手も良くコストパフォーマンスは非常に高い製品です。

そもそもポータブルSSDって?

さて、ポータブルHDDのような形の製品だとポータブルSSDも外付けストレージというイメージで捉えることになりますが、この製品のような形状だと

「これUSBメモリとどう違うの?」

そういう疑問も湧いてくると思います。

実際利用する時にはUSBメモリと同じようにUSBコネクタに差し込めばPnPで即認識してマウントされ、すぐにドライブとして利用できるようになります。さらに、OSからの操作でUSBメモリと同じようにパソコンに電源が入っている状態での抜き差しが可能です。

ただしWindows 10のOS上の扱いは若干USBメモリとは違っています。

ディスクの管理ツールで確認してみると、ポータブルSSDは「リムーバブルドライブ」にはなっていません。通常の「固定ドライブ」と同じ表示になります。形こそUSBメモリですが、OS側の扱いは「USB接続の固定ドライブ」という形ですね。

ただ通常使っている分には「速度の速いUSBメモリ」と何ら変わりがありません。実際に使用する分にはUSBメモリと変わらない感覚で特に問題はないでしょう。

あれ?サーマルスロットリング??

実際にこのポータブルSSDの運用を始めて写真データのバックアップに使うことにしました。

この際に50GB、1万ファイルほどの写真のデータが入ったフォルダをコピーしたところ、途中でかなり極端な転送速度の低下が生じました。

Amazonのこの製品のレビューを見てみると負荷をかけ続けるとサーマルスロットリングによる性能低下が起こる、とのレポートがありました。実際にコントローラの温度をチェックしてみるとそこそこ高温(70度以上)になっていたので、著者のところでもこれが発生したのだと思っていました。

が、あれこれ転送速度をチェックしてみていると、どうもサーマルスロットリングが起こりそうな温度でなくても大きな性能低下が起こることが見えてきました。

コントローラの温度がさほど上がっていない状態でも、一定上の容量のデータを一気に書き込みに行くと速度低下が起こります。

このためこの速度低下は最近のSSDで必ず使われる技術の「SLCキャッシュ」の容量の影響を受けている可能性が高いと判断しました。

さらにこの条件はSSD内部のバックグラウンド処理の影響により変化します。

Windows側でコピー処理が終わった表示になってもSSD側はまだ内部で何らかの処理が動いているようなのです。これはコピー処理完了後もSSDのコントローラ温度が下がらないことで分ります。

恐らくはSLCキャッシュから通常動作しているフラッシュメモリ側にデータを転送しているのだと思います。この処理が完了するまではSLCキャッシュの空き容量が限られ、このSSD本来の性能を出し切れなくなっているようなのです。

以下の例のように直前にSSDへの書き込み処理を行なったあとSSD側の内部処理が終わっていない状態でさらにデータを書き込むと、より小さいデータ量の書き込みでも転送速度の大きな低下が生じます。

通常の状態ならば合計10GB、8ファイルのデータをまとめて書き込んでも、性能低下は一切起こりません。

ですので一般的な使い方をする分には十分なSLCキャッシュの容量は確保されており、カタログの額面通りの性能を享受することが可能です。

そのかわりバックアップなどで大容量・多数のファイルを一気に転送すると、SLCキャッシュの容量に起因する性能低下は避けられないと思われます。

ただ、SLCキャッシュを使い切ってしまうことによる性能低下だとしても、性能の落ち込みの幅が大きすぎる点はちょっと気にかかりますね。

ちなみに大容量・多数ファイルを扱う場合でも、読み出しの時にはサーマルスロットリングも発生せず、スペック通りの非常に高速なデータ読み出しが最後まで行えることを確認しています。

まとめ

一般的な使い方においては十分な性能を発揮する上に容量あたり単価がUSBメモリに近いレベルの安さで、コスパがとても高い製品です。

OSをインストールしてブートドライブとして利用しても十分なレスポンスを実現できるでしょう。

SLCキャッシュの容量を超えた際の大きな性能低下、多数のファイルをまとめて書き込んだ際にコントローラ温度が上がりやすい弱点はあるものの、一般的な使い方で問題になるケースは多くないと思います。

コンパクトで簡単にパソコンなどの容量を増やせる便利な選択肢が増えたことを歓迎したいですね。