Office 365からMicrosoft 365へ。機能も一部拡張

しばらく前にマイクロソフトから発表があったとおり、日本でもマイクロソフトのオフィススイートのサブスクリプションサービスであるOffice 365がMicrosoft 365にリブランドされました。

従来の日本独自のプランであるOffice 365 SoloはMicrosoft 365 Personalに名前が変更になっています。

これに合わせていくつか機能の強化がアナウンスされています。

ブランドはMicrosoft 365だけれど

元々Microsoft 365と言う名称で提供されてきたサービスにはWindows 10本体の利用権も含まれていました。Windows 10+Officeのサブスクリプションサービスだったのです。

このためMicrosoft 365個人向け新プランが登場する、というお話が出た時、最初に想像したのはやはりリーズナブルな年会費で利用可能なWindows 10+Officeのサービスだと思いました。

ですが実際には違っていて、Office 365の方のリブランド、という形のリリースになりました。

中身が結構異なりますが、サブスクリプションサービスのブランドの統一を図ったのだと思います。サービスの内容もほとんどそのまま、Office 365の名前がMicrosoft 365に変更になっただけの形です。

日本独自のプランも継承

実は日本で提供されている個人向けのOffice 365のライセンスの内容は、アメリカなどのものとは少し異なります。

アメリカでの個人向けのOffice 365では「商用利用が不可」という条件になっていました。これに対し日本のOffice 365 Soloは問題なくビジネスでの利用が可能なライセンスになっています。

その分、日本のプランの方が料金が高いのですが、利用範囲まで考えると特に問題にはならない程度ではないかと思います。

日本ではパソコン本体にオフィススイート利用権をバンドルして販売することが多くビジネスユーザーがそういったパソコンを多く購入することから、販売しやすいようライセンスの条件を変えている、というお話です。

機能強化も

Microsoft 365ではOffice 365のサービス内容はすべてそのまま継承されます。Solo改めPersonalプランでは1TB分のOneDriveの利用権やSkypeの有料通話料金のチャージもそのまま使えるようになっています。

加えていくつかの機能強化がアナウンスされていて既に実装された機能もあります。

利用可能になった機能のうち一つは、オフィスアプリから非常に簡単に利用できるマイクロソフト独自のストック画像サービスです。

WORDだと画像の挿入のメニューの中に「ストック画像」の項目が追加になっていて、ここからその他の画像の挿入とほとんど同じ手順でサクッと高品質な各種画像が文書に導入可能になっています。

画像の件数は8000枚程度と言われていて、本格的なストックフォトサービスなどには数の上での太刀打ちはできません。

ただ、「人物の切り絵」という極めて強力なデータが収録されていますので、使い方次第では大化けしそうなデータになっているのが大きな特徴です。非常に精密に人物だけを切り出してありますので、色々な画像等々に重ねることで幅広い利用が可能になりそうです。

マイクロソフトがチョイスした画像だと思われますので、数は少ないもののクオリティ自体はかなり高いです。

他にはブラウザ上などで作成した文章の校正を支援する「エディター」が利用可能になりました。

また、アメリカ版の個人向けMicrosoft 365では有償版のTeamsも利用可能になる、とのお話もあったのですが、今時点の日本版にはこのサービスは含まれていないようです。

また、Excel上で利用可能な家計簿ツール「Money」がアナウンスされています。

こちらの今後の追加にも期待したいところですね。