ついにChromium版Edge、開発がβ版フェーズに

先日、HTMLやJavaScriptなどを解釈・実行するエンジン部分をChromeと同じChromiumに変更したEdgeのβ版が公開されました。

今までもそれ以前の開発段階のバージョンが一般向けに公開されていましたが、改めて「β版」を名乗ることで正式リリースに向けての作業がいよいよ終盤を迎えたことが見えてきました。

今回はChromium版Edgeの今を見てみます。

独自エンジンを捨てたEdge

マイクロソフトはWindows 10のリリースに合わせて事実上の標準ブラウザをIEからEdgeに切り替えました。リリース当初は機能的にかなり不足な部分がありユーザー獲得に失敗しています。

Edge自体はその後どんどん洗練されていきましたが初期の躓きが後までずっと尾を引く形になり、ブラウザごとのシェアはずっと低迷したままです。

マイクロソフトのEdge開発者がGoogleのサービスにおいてChrome以外が妨害を受けた、的な爆弾発言をしたこともありましたが、そちらの真偽は不明。

ただ、Edgeが独自エンジンを使っていた影響からブラウザの拡張機能の開発は進まず、開発スピードの面でもChromeには追いつけていませんでした。

そういった状況で突如発表されたのが独自エンジンを捨てる、というアナウンスです。

さまざまな局面で独自技術に強いこだわりを示してきたマイクロソフトですから、大きな驚きを持って受け止められました。

ただこれは今のマイクロソフトらしいとも言えます。現在開発中の2画面スマートフォンSurface DuoではOSにAndroidを採用していたりもしますから。

Chromium版Edge導入はEdgeインサイダーから

Chromium版EdgeもWindows 10のインサイダープログラムのように、「Edge Insider」というプログラムで管理が行なわれています。そちらの公式サイトからインストーラのダウンロードができます。

ただ、Edge Insiderでは特にユーザー登録などは必要ありません。誰でもβ版や開発中のバージョンを取ってきて試してみることができます。

新しいEdgeを試してみたい方はこちらから。
https://www.microsoftedgeinsider.com/ja-jp/

ちなみに開発中のより新しい機能を試せる「Dev チャンネル」や「Canary チャンネル」といったバージョンも準備されています。当然こちらのバージョンの方が安定度は劣りますので、使用の際には注意が必要です。

「らしくない」Edge

さてChromium版Edgeのβ版のルック・アンド・フィールですが、ここまで煮詰められた段階でもあまりEdgeらしくありません。

あちこちの見た目や使い勝手はChromeライク、と言った方がいい雰囲気ですね。

ユニークで慣れると結構使いやすい「お気に入り」のメニューなども一般的なプルダウンメニュー的な形式におとなしく納まってしまっています。

「らしさ」を強く感じられる部分だっただけに個人的にはこの部分はちょっと残念。

メニューも一見するとやはりChromeを想像します。

詳細設定もChromeなどとよく似た感じで今風なブラウザのイメージになっていますが、こちらはこのインタフェースを採用したのが正解ではないかと思います。

見やすくかつ、非常に詳細なところまで設定可能になっていて、既存のEdgeよりもこの部分の使い勝手は大きく改善されそうです。

動作の方は今まで通りなかなか軽快。ただ、ネット動画を視聴してみると上手くビデオカードのハードウェア動作再生支援が使えていない雰囲気です。タスクマネージャーのGPU負荷部分で確認ができません。

安定感の方は使ってみた範囲では十分で、実用性は既にかなり高いと思います。

ただ、Edgeならではの尖った部分は今のところ完全に消えていて、Chromeとの差別化はより難しくなっているように思います。そのあたりは今後の開発に期待、なのかもしれませんが。