大規模じゃない大規模アップデート、November 2019 Update配信開始

先日2019年秋のWindows 10の大規模アップデート、「November 2019 Update」の配信が開始されました。

リリースプレビュー版の完成から3週間ほど。かなり順調にリリースまでこぎ着けた感じでしょうか。

ただ、今回の大規模アップデート、実は全然大規模じゃなかったりします。そのあたりが順調なリリースにも繋がっているのでしょう。このため新要素もすごく少なく、その分、アップデートの適用はあっという間に終わります。

今回は今までのWindows 10の大規模アップデートとはちょっと違う趣になったNovember 2019 Updateを取り上げます。

バージョン1909

この秋のWindows 10大規模アップデートにより、Windows 10のバージョンは1909になります。

リリースは11月でアップデートの名前にもNovemberが含まれていますが、バージョンの方は20「19」年「09」月版、といった趣になっています。

May 2019 Updateがバージョン1903でしたから、半年に1度の大規模アップデートとしてのバージョン番号のルール自体はきちんと引き継がれています。

再起動1回だけで適用完了

タイトルにも書いていますが、今回の大規模アップデートは更新内容、更新プログラムのサイズ的にも全然大規模ではないアップデートになっています。

もしかするとWindows 10のライセンス更新のためのイベント、と言った趣の方が強いのかもしれません。

更新プログラムは更新プログラム、と言うほどのサイズはなく、従来の大規模アップデートがOSバージョンアップの時のアップグレード実行のようなイメージだったのに対し、ごく普通のWindows Updateレベルの簡素なものになっています。

よほどしっかりとウォッチしていない限り更新プログラムのダウンロードにも気づかないレベルで1度の再起動のみで更新が終わりますし、更新にかかる時間もパワーのないモバイルノートパソコンでも数分で終わるレベルです。

新要素も非常に限定的

今回の大規模アップデートに盛り込まれた新要素は、更新が簡素なことに比例するような形で数も内容もかなり控えめになっています。

大きめのものでも4つ程度でしょうか。それらでも新機能と呼ぶにはちょっと内容が小さいものです。

1つはスタートメニューのUIの微改良。電源や設定アプリを呼び出すボタンの上にポインタを重ねると、文字での説明を含む形にその領域が広がります。

2つめはタスクバーの日付部分をクリックして表示されるカレンダーからスケジュールの登録ができるインタフェースが追加になったこと。

3つめとしてアクションセンター上部に、アクションセンター自体の設定を行うページへのリンクが追加になったこと。

最後に4つめのとして、ファイルエクスプローラーの検索機能の強化が挙げられます。

ファイルエクスプローラーではアドレスバー部分に少し手が入っているようで、使い勝手は変わりませんが見た目がわずかに変化しています。

とまあ更新内容を見る限り、November 2019 Updateはマイナーチェンジとかメンテナンスリリースと言った方がいいような更新に留まっていると思います。

このため互換性の問題なども少なく、実マシンへの配信解禁も早期にどんどん進むことでしょう。

実際、著者手元の3台のPCには既にすべて更新プログラムが適用されています。