MS自らWoAデバイス市場に参戦。独自SoC「SQ1」搭載のSurface Pro X

現地時間10月2日のマイクロソフトのリリースで、大きな驚きを持って受け止められたであろうデバイスのもう一つがこちら。マイクロソフト独自のArm系SoC「Microsoft SQ1」を搭載したSurface Pro Xです。

Surface Proを名乗ることから分るとおり、タブレット型の本体+タイプカバーを持つタイプの2in1 PCとして仕上げられています。

この機種での大きなトピックはやはりArm系のCPUを持つSoCが採用されたことで、マイクロソフトのさまざまな面での方向転換や柔軟性を示す典型例になっている感じです。

独自SoCのSQ1

Surface Pro Xが心臓部に採用しているSoCのMicrosoft SQ1はマイクロソフト独自のパッケージとされていますが、フルスクラッチで完全なる新チップを作ったわけではなさそうです。

WoSデバイスで協業関係にあるクアルコムとの共同開発になるチップで、恐らくはSnapdragon 8cxの血統を受け継ぐものになっていると思われます。大本をたどればハイエンドスマートフォン向けのSnapdragon 850の兄妹、とも言えるかもしれません。

このチップの採用などにより、Surface Pro XではSurface Pro 6の3倍のワットパフォーマンスを実現している、とマイクロソフトはアナウンスしています。

SoCの詳細は見えていませんが、CPUコアは8コア、GPUは2TFLOPS級の性能を持つとのことです。

Snapdragonの流れを受け継ぐSoCですからもちろんLTEモデムの内蔵モデムを内蔵していて、LTEネットワークを使ってのインターネット接続が可能です。

スペック

Surface Pro Xは従来のインテルCPU搭載のSurface Proシリーズよりも小型化された本体になっていますが、Surfaceシリーズとしては初めて狭額縁タイプのディスプレイとなっているために13型の液晶パネルを搭載可能になっています。

解像度は2,880 x 1,920ドットあり、Surfaceシリーズの文法通りに3:2のアスペクト比のディスプレイとなっています。

メインメモリは8GBまたは16GBが選択可能になっていて十分な容量を確保しています。

ストレージのSSDは128GB~512GBが選択出来ます。

外部インタフェースポートのUSBはType-C形状のUSB 3.1 Gen1対応と順当にアップグレードが図られています。

今回発表された他のSurfaceシリーズ同様にUSB PDに対応していて、USB Type-Cコネクタからの電源の入力が行えるようになっています。一応充電速度自体はSurface Connect端子経由の方が高速ですが、USB PDに対応したことで出先などでの電源対応のフレキシビリティが大きくアップしています。

ユーザーが求めるモバイルPCのニーズにマッチできるか

これまで発表されてきたWoA、WoSデバイスは今のところは上手く回っていません。

OSコア部分はArmアーキテクチャのCPU向けにネイティブコード化されているとは言っても、その上で動くアプリのかなりの部分はIA32向けコードのエミュレーションを混ぜた実行になるため、CPU本来の性能を出せる状況が整っていないのです。

このためどうしてもWoAデバイスは動作の重さが気になるケースが多く、なかなか市場が立ち上がってきません。

マイクロソフトはそのあたりを踏まえた上での自社開発機器により、WoAデバイスのエコシステムも自ら回す覚悟を示したと言えるのかもしれません。

ただ、一般に多くのユーザーがパソコンに求めるのは、モバイル機であってもワットパフォーマンスよりも絶対性能に意識が寄っていると思います。

そこにSurface Pro Xなどが応えられるか、ここも注目に値しそうです。