Win10IP版にWSL 2がやって来た。導入方法のまとめ

事前にマイクロソフトが明らかにしていたとおり、Linuxのシステムコール100%互換を実現するというWSL 2が早くもWindows 10プレビュー版にやって来ました。

こちらも公式blogなどで発表されていたとおり、本来Hyper-Vが使えないはずのHomeエディションでもしっかりとWSL 2を動かすことが可能なことも確認できました。

今回は現状プレビュー版でのやり方に限定されますが、ホンモノのLinuxを動かすWSL 2の設定方法をまとめます。

まずWSL 1をインストール

WSL 2を動かすためには、まずは従来のWSL、WSL 1のディストリビューションを導入します。

WSLのLinuxディストリビューションはマイクロソフトのアプリストアから導入できますので、誰でも簡単にインストールできるのが大きな特徴です。

ストアアプリで「WSL」のキーワードで検索をかけると現在利用できるディストリビューションの一覧が表示されます。

あちこちでよく使われるケースが増えたUbuntuなどもオススメです。

WSL 1をWSL 2にコンバート

次に行なうのはWSL 1をWSL 2のカタチにコンバートすることです。

こちらの操作は管理者モードで起動したPowerShellから実行します。インストールしてあるLinuxのディストリビューション側で何らかの操作を行なうのではなく、PowerShellでコマンドを実行すると言う点がちょっと盲点になるかもしれませんね。

WSL 2はHyper-Vの仕組みを使った仮想マシンの上で動くようになっています。このためまずは仮想マシン実行用のランタイムを有効化する必要があります。

それには次のコマンドを実行します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName VirtualMachinePlatform

本来Hyper-VはProエディション以上でしか使えない機能ですが、このコマンドはHomeエディションでもしっかり実行できます。

必要なコンポーネントがインストールされると、Windows 10の再起動を要求されますのでそれに従います。

次はWSL本体のコンバートです。コンバートのためには次のコマンドを実行します。

wsl –set-version 2

のところは導入したWSLのディストリビューション名に置き換えてください。Ubuntuならば「Ubuntu」と記載すればOK。

この処理にはシステムドライブがSSDでも5分かそれ以上の時間がかかる感じです。コマンド投入後のんびり待ちましょう。

次いでデフォルトで実行するWSLのバージョンを設定します。

wsl –set-default-version 2

これにて設定は完了。念のため次のコマンドでWSLのバージョンを確認しておきましょう。

wsl –list –verbose

バージョンが2と記載されているディストリビューションはWSL 2環境で実行されます。

コンバート作業を行なわなければWSL 1のままでも動かすことが出来ます。

コンパクトなVM

WSL 2を起動してみると、タスクマネージャー上ではどうやら1GB程度メモリを占有した仮想マシンが動いている様子が分ります。

Windowsを動作させるならば仮想マシン側にも4GB程度割り当てたいところですので、これは非常にコンパクトなVMと言えると思います。

WSL 2のコンソール自体の起動もかなり高速ですし使い勝手はかなりいい感じです。

一部制限事項も残っていますが、マイクロソフトでは改善を宣言しています。今後の改良にも期待したいところです。