ストレージセンサーからWindows.oldフォルダの中身をクリアする方法

Windows 10では毎年2回の大規模アップデートが行なわれ続けています。少なくともまだしばらくはこのペースで大規模アップデートが開発され配信が続けられる予定でもあります。

Windows 10大規模アップデートの際には、更新によって不具合が生じた際に前のバージョンのWindows 10に戻すためのデータが保存されています。

このOS本体のバックアップ用データは、新しいOSバージョンの方でさまざまな機能が問題なく利用が出来ることが分ると不要になるものでもあります。

加えてそれなりに大きな容量を食うデータですのでこれを放置しておくとCドライブの容量が膨らみ、SSDなどトータルの容量が控えめなストレージでは空き容量を圧迫してしまうケースも起こりえます。

このため新しいバージョンのほうでの各種動作確認が取れたら、OS本体のバックアップデータをクリアしておく方が後々何かと都合が良いです。

今回は設定アプリのストレージセンサーからこのOS本体のバックアップデータをクリアする方法をまとめます。

ストレージセンサー

設定アプリの機能の一つストレージセンサーは、そのパソコンに内蔵されているSSDやハードディスクなどのストレージの使用状況などを調べて表示、管理を行なう仕組みです。

Windows 10の設定アプリの比較的新しい機能で、数回前の大規模アップデートから使えるようになりました。

今はこの機能でハードディスク内やシステムの中の消去可能な一時ファイルなどをまとめてクリア、空き容量の回収をすることも可能になりました。

今回説明する方法はストレージセンサーのこの機能を使います。

手順

まずは設定アプリを起動してストレージセンサーのページまで移行しましょう。

設定アプリのトップページから「システム」をクリックします。

システムのページでは左側に並ぶ機能のリストの中から「ストレージ」をクリックします。

ストレージのページでは一番上にそのパソコンに繋がっているローカルストレージの状態が一覧表示されています。

その下に「ストレージセンサー」の機能があります。

ここで「今すぐ空き領域を増やす」のリンクをクリックします。

すると次のページが表示されます。こちらの「今すぐ空き領域を増やす」のページの「一時ファイルを削除」の下に、削除可能なワークファイルなどの一覧が表示されます。

データを消してディスクの空き領域を増やしたい項目のチェックボックスにマークを付け「ファイルの削除」のボタンをクリックすることで、一時ファイルを消してディスクの空き領域を広げることが出来ます。

このスクリーンショットを採取したパソコンは既に大規模アップデートによって出来た、古いバージョンのWindows 10のバックアップ、「Windows.old」フォルダの中身はクリア済みです。

このため削除可能な一時ファイルの一覧にこの情報が表示されていませんが、大規模アップデート適用後にWindows.oldの中身をクリアしていないマシンではこの一覧の中に表示されるようになります。

新しいバージョンでのさまざまな動作確認が取れ前のバージョンに戻す必要がなくなったら、Windows.oldの中身は消しておく方がストレージの容量を無駄にせずに済みます。