早くもWi-Fi 6対応ルータ登場。ASUSのRT-AX88U

ASUS 次世代の超高速 ゲーミング Wi-Fi ルーター RT-AX88U 11ax 4804 + 1148Mbps 【 PS4 / Wii U/iPhone 対応 】

現在無線LANの規格の主流となっているIEEE802.11ac、その次をになう規格としてWi-Fi 6ことIEEE802.11axがつい先日規格化されました。

そのIEEE802.11ax対応製品が早くも日本国内でも販売開始になっています。無線LANルータとしてはウルトラハイエンド製品になると思いますが、ASUSのRT-AX88Uです。

実売価格で5万円近いプライスタグを掲げるこの製品、お値段通りの実力があるのでしょうか。中身をみていきます。

最大リンクアップ速度は4.8Gbps

Wi-Fi 6=IEEE802.11axの規格上の最大リンクアップ速度は9.6Gbpsです。これに対しASUSのRT-AX88Uが対応している最大速度は4.8Gbpsとなります。

Wi-Fi 6で理論上の最大リンクアップ速度の9.6Gbpsを達成するには、8ストリームでの通信が必要になります。このためには基本8セットのアンテナが必要になります。RT-AX88Uではアンテナは4セットで4×4 MIMOまでの通信となっているため、リンクアップ速度も規格上の上限の半分である4.8Gbpsになっています。

それでもこの上限はかなり衝撃的なスピードと言え、最大値に近いリンクアップ速度が達成できると実効通信速度は確実に1Gbpsを上回ります。

現在家庭やオフィスで主流となっている有線LANの最大通信速度1Gbpsも凌駕することになります。

Wi-Fi 6で使う5GHz帯の電波は比較的空いていますし、ビームフォーミングが上手く機能すれば近くのお宅のWi-Fiとの干渉の影響も少なく済むはずですから、かなり高い実効通信速度が期待できます。

問題は子機側

今のところWi-Fi 6に対応する無線LAN子機がまだ販売されていないのが現時点での最大の問題点でしょう。

もしWi-Fi 6の高い通信速度や接続性の良さの恩恵にあずかろうとすると、RT-AX88Uを2台購入して1台を子機として運用するしか方法がありません。

こちらはWi-Fi 6対応の無線LAN子機の早期の発売を期待したいところですね。

もう一つ気になるのはWi-Fi 6が高いリンクアップ速度実現のために多数のアンテナを必要とする仕組みになっている部分です。RT-AX88Uでも4組のアンテナを使って始めて4.8Gbpsの最大リンクアップ速度を実現しています。

ノートパソコンや小型の無線LAN子機にはそんなにたくさんのアンテナを内蔵できません。現在の一般的なノートパソコンやスマートフォンに内蔵できるアンテナの数は2組が限度です。

このため通常の無線LAN子機では最大リンクアップ速度が2.4Gbps程度に制限されることになりそうです。

ただ、このリンクアップ速度でも十分に高速ではあります。一般的な無線LANの実効転送速度はリンクアップ速度の1/3程度ですから、条件によってはギガビットの有線LANに迫る実効通信速度が出そうです。

ハイエンドルータは機器によって使い分ける形に?

Wi-Fi 6が普及しても恐らくノートパソコンやスマートフォン内蔵の無線LANアダプタでは2ストリームでの通信が限度になるでしょう。同じように小型の無線LAN子機もフル規格での通信は厳しいと思います。

このため小型や内蔵型のアダプタと、リンクアップ速度をフルに使い切る子機とで住み分けが行なわれる形になるのではないかと思います。

スマートフォンなど移動して使う端末はそこそこ高速の2ストリームでの通信、中継機的に使うWi-Fi 6の子機ではフル規格に近いより高速の通信に対応させ、子機からはパソコンなどに有線LANで接続するような使い方が行なわれるようになるかもしれませんね。

そういった使い方でしかせっかくの高速なリンクアップ速度は活し切れそうにもない、とも言えるのですが。

近距離ならギガビットの有線LANがネックになる模様

既に実際にRT-AX88U 2台を使ってWi-Fi 6の使い勝手を試したレポートも上がっていたのですが、近距離ならば実効転送速度が本当に1Gbpsを超えるようです。

RT-AX88Uの有線LANポートが1000BASE-TXとなっているため、こちらの有線LANポートの通信速度がネックとなって実効転送速度が飽和した状態がレポートされていました。

IEEE802.11acで最大リンクアップ速度が有線LANの規格を超えて話題となりましたが、ここに来て遂に実効転送速度でも一般的な有線LANを超える使い勝手が実現されそうです。