Wi-Fiの規格が読みやすくなる?次の主力IEEE802.11axはWi-Fi 6に

Wi-Fiアライアンスの「Wi-Fi 6」関連のプレスリリース

現在Wi-Fiの規格はIEEE802.11??と言うネーミングルールになっていて、ちょっと無機質で分りにくい記号みたいな名前で呼ばれています。

今時点のWi-Fiで主流となっていると思われる規格はIEEE802.11acで、日本国内で販売されているWi-Fiルータでは最大1.3Gbps程度でのリンクアップが可能になっています。ですがIEEE802.11acの規格自体は最大6.9Gbps程度までサポート可能なものとなっています。

そして既に次世代のより効率の良い方式IEEE802.11axも規格化されていて、こちらは論理的な最大リンクアップ速度はIEEE802.11acの約1.5倍となる最大9.6Gbpsです。

このちょっと読みにくいWi-Fiの規格の名前、やっとわかりやすい方向にシフトする動きが出始めました。新しいより親しみやすいWi-Fiの名前と新しいWi-Fiの規格、IEEE802.11axに関する情報を簡単にまとめてみます。

次世代Wi-Fi規格のIEEE802.11ax

次のWi-Fiの規格となるIEEE802.11axは最大リンクアップ速度の向上よりも、電波の利用効率を上げ多人数で同時に同じアクセスポイントに接続したときの実使用感を引き上げることを主目的にしています。

電波の利用効率を上げる技術的な内容では、1024QAMやLTEでも使われているOFDMAという進んだ多重化の方式を採用します。

こういった工夫によりオフィスなどでたくさんのユーザーが同時にWi-Fiネットワークを利用しているときにも、実効通信速度の落ち込みが少なくなるよう仕組みが考えられています。

合わせて省電力化にも配慮が行なわれていて、電波の出力を抑えても十分な通信が行えるときには送信出力を抑える機能も搭載されます。

こういった性格からパソコンやスマートフォンだけではなくIoT機材に使われることも期待されています。

ただ実際に製品化される中でどこまでのリンクアップ速度が実現されるかはまだ微妙な部分があるようにも思われます。

実際に現在主流のIEEE802.11acでも論理的な最大リンクアップ速度は6.93Gbpsまで使えますが、ここまでの速度を実現したWi-Fiアクセスポイントは製品化されていません。日本国内では電波法の影響もあります。

また、スマートフォンやノートパソコンに内蔵されているWi-Fiの子機側はほとんどが最大でも867Mbpsまでのリンクアップにしか対応できません。スペース的にMIMOの通信のストリーム数を増やすためのアンテナを配置できないからです。

規格としてはより余裕のある規格になりますが、実際に使われるのがどのレベルの速度になるかは蓋を開けてみるまで分らない、というのが実際の所でしょう。

IEEE802.11axはWi-Fi 6に

IEEE802.11??という分りにくい名前は電気・電子関連のさまざまな規格をIEEEという略称で呼ばれる組織がまとめていることに由来しています。

無線LANを含むLAN関連の規格はIEEEの802委員会が決めていますので、IEEE802~という名前が頭に付けられています。

そして次の無線LANの規格はIEEE802.11axとなりますが、この規格にやっともう少し呼びやすく親しみやすい名前が付けられることになりました。

こちらは無線LAN機器の相互接続の保証などを行なっているWi-Fiアライアンスの決定です。

IEEE802.11axは「Wi-Fi 6」と呼ぶことが決定されました。また、現在主流のIEEE802.11acのほうは「Wi-Fi 5」、一つ前の規格で現在も多数使われているIEEE802.11nは「Wi-Fi 4」となります。

3,2,1の番号が空いていますがこれが「Wi-Fi 3」といった形で使われることはなさそうです。

つまり、IEEE802.11n以前に11a、11g、11bなどの規格がありましたが、これらをWi-Fiいくつ、と言う名前では呼ばない、ということですね。

これらの名称に対応するWi-Fiのアイコン、ピクトグラムも既に策定済みです。今後、スマートフォンなどのWi-Fiのアイコンはこれら新しいものに順次変わっていくと思われます。