トラブルの原因判明?Windows 10秋のアップデート配信再開もうすぐ??

Windows 10の2018年秋の大規模アップデート、October 2018 Updateの配信が一度スタートしました。ですがすぐにかなり重大なトラブルの報告があり、現在配信は停止されています。

このトラブルはWindowsが標準で用意するドキュメント、ミュージック、ピクチャなどのフォルダに配置したファイルがアップデートの適用で消えてしまう、というものです。

発生率自体はかなり低いようなのですが、何せファイルの消失ですから現象がかなり重大なものです。このため大規模アップデートの配信はすぐに止められました。

その後の調査で原因(の候補)が捕まえたらしく、マイクロソフトではWindows 10のインサイダープレビュー版にこの修正パッチを投入して現象が解決できるかの検証に入ったようです。

このパッチでうまく現象を解決できれば、さほど遠くないうちにOctober 2018 Updateの配信は再開されるものと思われます

今回はこのトラブルも含め、Windows 10の2018年秋の大規模アップデートを見ていきます。

トラブルの原因

現在上記のトラブルの原因と考えられているのは、OneDriveクライアントがドキュメントフォルダなどをOneDrive側にバックアップ(リダイレクト)する機能です。

この機能周辺にバグがあり、October 2018 Update適用時に誤って上記ユーザーフォルダ内のファイルが消えてしまったとされています。

この機能を使っているユーザーすべてで現象が発生するわけではなく、かなり限定された条件でのみ発生する現象のようです。単純にユーザー数の割合で行けば発生確率は0.001%程度なのだとか。

ただ、起こるトラブルの内容が内容ですから、極めて緊急で調査を進めたようです。

この修正でトラブルが解決することを祈ります。また、ファイル消失の被害を受けたユーザーがうまくファイルを回復できるといいのですが。

Windows 10 October 2018 Updateの新機能

今回の大規模アップデートでは、複数のアプリのウィンドウをブラウザのタブのようなインタフェースでまとめることができるSetsの機能が間に合いませんでした。

直前で機能が封印され、UI等々の大幅な見直しが行われる、との噂があります。ブラッシュアップされてより使いやすくなったSetsがいつ実装されるのか、楽しみに待ちましょう。

その他で大きな機能と目されていたのは、クリップボードのクラウド同期機能、Cloud-Powered Clipboardでしょうか。こちらは無事実装され、単なるクリップボードのクラウド同期だけではないものとして作り込まれています。

クリップボードに複数アイテムを同時に保持可能になり、その履歴をクラウド同期できるようになっています。新しい履歴付きクリップボードの呼び出しもWindowsキー+Vキーで直感的な使い勝手です。

Windows 10の事実上の標準ブラウザとなっているEdgeには今回も継続して大幅な機能強化が行われています。改善点の数だけ見るとEdgeの改善が今回の目玉だったのではないか、と言うレベルの修正になっています。

また、ゲーム画面などの静止画・動画キャプチャを可能にするゲームバーのコンソール画面が一新されました。

ダッシュボード画面にゲームなどの音量をコントロールするサウンドミキサーの機能が表示されるようになっています。ゲームの動画キャプチャ時にその他の音をミュートするのを簡単に行えるようになりました。地味ですが非常に便利な改善です。

アクセシビリティ関連では画面に表示するフォントサイズを大きくする機能が簡単に使えるようになっています。

また画面の文字を読み上げるナレーター機能も継続して強化が続けられています。

適用は最良の条件なら1時間以下で終了

最近はマイクロソフトのWindows Updateのサーバーには帯域制限がかけられていないようですので、Windows 10の大規模アップデートでも更新プログラムは回線が許す限り最高のスピードでダウンロードが行われます。

その結果、著者のデスクトップパソコンではわずか1~2分で更新プログラムのダウンロードが終わってしまいました。その間最高、実測で400Mbps以上の通信即どをを記録しています。マイクロソフトのバックエンド恐るべし、です。

その後の処理も高速のSSDをシステムドライブに使っているとかなりトントン拍子で更新が進みます。結果50分ほどで適用は完了しました。

クラウドクリップボードなど地味に生産性に聞きそうな改良も入っていますから、更新プログラムの配信再開が待たれます。