変態的?なレノボのデュアルディスプレイ2in1、YogaBook C930

YogaBook C930の情報ページ(英語)

レノボ、Thinkpadのブランドとパソコン部門をIBMから譲渡されてしばらくの間は、IBM時代のコンセプトを引き継ぐような形で大人しい製品展開を行なっていた気がします。

ですが、最近のレノボはかなり攻めますね。

今回取り上げるクラムシェル型のノートパソコンをベースとした2in1 PCもかなりユニークなコンセプトです。

このマシンには先代に当たる機種が存在していて、本来ノートパソコンでキーボードがある位置はタッチスクリーンとして、液晶画面上のタッチパネルと合わせゲーム機のニンテンドーDSのようなデュアルタッチスクリーンを実現していました。

そのコンセプトをさらに進化させたのが今回取り上げるYogaBook C930です。

手前のタッチスクリーンがE Inkパネルを使ったディスプレイに

YogaBook C930最大の特徴はデュアルタッチスクリーンのうち手前側、キーボードがあるはずの位置にあるものがE Inkパネルを使ったモノクロディスプレイにもなっていることです。

E InkのディスプレイはフルHDの解像度があり、モノクロで階調表現にも限りがありますが、高解像度とE Inkならではの見やすさを活かした表示が行えます。

タッチパネルの性能としては、ワコムタイプのスタイラスペンに対応していて、4,096段階の筆圧検知とペンの傾き検知に対応しています。

E Inkパネル側で手書きメモした内容はWindows 10側の動作とは独立したアプリで管理されているようで、作成した内容は操作を行なうことでWindows側のクリップボードに転送可能になっています。

一見したところではE Inkパネル側を液晶タブレットのように使うことは出来なさそうですが、そういった操作はメインディスプレイである液晶側を使って行なえば良いですから、そのあたりの使い分けを上手く行えるシステムになっているかどうか、そのあたりに興味を引かれますね。

このE Inkパネルは自由に表示を変更できる機能をフル活用して、タッチ式のソフトウェアキーボードのキーの表示を行なったり、E Inkパネル側の各種操作メニュー、設定を行うウィンドウを開いたりすることが出来ます。

また、PDFをE Inkパネル側に表示する機能も持っていますので、書類や電子書籍を判読性の高いE Inkの表示で読むことも出来ます。

E Inkのパネルを活用するAPIがサードパーティーに公開されると、いろいろと楽しい使い方が生まれてくる予感がします。

スペック

YogaBook C930のスペックの方を見ていきましょう。

先代はATOMベースのマシンで性能面にはある程度限りがありましたが、YogaBook C930はCPUをCoreプロセッサベースのものにチェンジ。CPU性能もGPU性能も先代から大きく向上しています。

設定されるSKUは、Core i5-7Y54またはCore m3-7Y30です。

メインメモリは4GB固定となっていて、8GBのオプションがないのがちょと残念なところでしょうか。SSDはSATA3などのより高速なインタフェースが使われるものとなり、最大256GBの設定があります。

メインディスプレイは10.8型で2,560 x 1,600ドットの表示が可能な高精細なものとなっています。

無線LANはIEEE802.11ac対応、Bluetoothはバージョン5対応です。

USBコネクタはType-C形状のUSB3.0ポートを二つ。少なくとも一つはUSB PD対応で、本体への給電・充電はUSBコネクタ経由で行なう仕様になっています。

またリムーバブルストレージとして、マイクロSDXCスロットを持っています。

サイズは液晶パネルが11型クラスなこともあり、179.4mm x 260.4mm x 9.9mmとコンパクトで非常に薄い本体になっています。物理キーボードがないところと、タブレット用のYプロセッサが使えた故の薄さですね。

重量もWi-Fiモデルで775gと軽量です。

上手く化けるか楽しみなコンセプト

物理キーボードを廃するとはかなり大胆なコンセプトですが、その分本体を非常に薄く、軽く作れているところにはかなり大きなメリットもあります。

ソフトウェアキーボードはスマートフォンやタブレット端末などのシンプルなものではなく、タッチタイプしやすいいろいろな工夫が行なわれたものになっているはずです。(先代からのキャリーオーバー)

E Inkパネル側のサブスクリーンをいかに使いこなすかがこのコンセプトのマシンが生き残れるかのカギでしょうか。

ただ、一度触ってみたくなる機種なのは間違いありませんね。