もう「オマケ」じゃないWindows Defender。AV-TESTの試験で高評価

AV-TESTのセキュリティソフトのレポート画面

Windows 10にはマイクロソフト製のセキュリティソフトがついてきます。

こちらもどんどん機能と性能の強化が続けられていて、新たに作られたダッシュボードはそれ一つでパソコンの各種セキュリティ状況をまとめて確認することができ、使い勝手もかなり良くなりました。

くわえてセキュリティソフトで肝心要の防護能力の方もかなり向上しているようです。

定期的にセキュリティソフトのテストを行なってレポートしてくれているドイツのAV-TESTが、2018年6月のテストでWindows Defenderに高評価を出しています。

18点満点中の17.5点

AV-TESTの2018年6月のテストで、Windows Defenderがマークしたスコアは18点満点中の17.5点です。

大きくまとめると防護能力、パフォーマンス、使い勝手の3項目を6点満点で評価しています。Windows Defenderは防護能力と使い勝手で6点満点。パフォーマンスで若干減点を受けて5.5点の評価になっています。

防護能力の面では、2018年6月のパターンファイルやソフト本体のバージョンの状態で、AV-TESTがテストに使う脅威に関しては全て正常に検出と対処が行えています。見逃しはゼロ。

使い勝手の点では誤検出による誤ったプログラムの削除等の大きな失点はなし。警告の誤報が1件あっただけで、こちらも満点の評価となっています。

パフォーマンスの面ではWindows Defenderが有効な状態でのファイルのコピー、アプリケーションの起動、メジャーなWebページの表示などで、セキュリティソフト無しの状態との性能比較を行なっていますが、こちらもでも大きな減点はなく5.5点の評価になっています。

ただしどのセキュリティソフトも点数は高い

恐らく評価が甘いと言うのではないと思いますが、AV-TESTが評価しているセキュリティソフトはどれも高い点数を叩き出しています。18点満点を取るソフトも結構な数ですね。

これは評価の基準云々と言うよりもセキュリティソフト同士で競い合っている結果、どのセキュリティソフトも高い能力を持つようになった、と考える方が妥当かもしれません。

つまりメジャーどころのセキュリティソフトなら、今はどれを利用しても通常は問題のないレベルでパソコンをガードしてくれる、と考えて大丈夫と言うことでしょう。

パフォーマンスの面ではある程度減点を受けるソフトはまだいくつもありますので、評価の基準はどちらかというとそちらにシフトしてきているのかもしれません。

でもセキュリティソフトさえあれば安心、ではないのには注意

これだけセキュリティソフトが優秀になった今の状態でも、ランサムウェアによる被害やその他のウィルス、マルウェアによる被害はなくなりません。

セキュリティソフトだけではカバーしきれない部分をついた攻撃が、常に新たに生み出され続けているからです。高性能なセキュリティソフトを入れているから大丈夫、と慢心しないことが絶対に必要です。

新たに作られた新種のウィルスやマルウェアに対しては、セキュリティソフトのパターンファイルは役に立ちません。また、新しいウィルスなどはセキュリティソフトに怪しまれにくい挙動でこういったソフトの裏をかこうとします。

新規のフィッシングサイトなどもセキュリティソフトがブロックするには少しタイムラグが出ます。

ソフト側でのどんな対応も万全ではないことを常に頭の中に置いておく必要があります。

まずはWindows Defenderで

そういった状況にはありますが、やはりパソコンにセキュリティソフトがあるとないとでは、ネットからの攻撃に対する備えという意味では段違いの差があります。

Windows 10パソコンユーザーには、まずは付属のWindows Defenderで使ってみたら、が安心して伝えられる状況になったのはうれしいところです。