シンプルなマイクロソフト製ToDo管理ソフトMicrosoft To-Do

仕事をしている人はもちろん、プライベートでもやらなくてはいけないことの数が増えるとその管理がちょと面倒なことになることがあると思います。管理するアイテムの数が増えるとやっぱりどうしても人間の記憶だけではカバーしきれない部分が出てきます。

そういった際に役立つのがToDo管理用のソフトです。

本格的なものでは仕事の大きな案件の細かなフェーズまでしっかりと管理できるようなものもあります。ですが、比較的単純な仕事や個人が行なう作業のレベルなら、そういった多機能なソフトは出来ること・設定しなければならないことが多すぎて逆に使いにくくなってしまいます。

今回ご紹介するMicrosoft To-DoはシンプルなToDoの管理にぴったりな、ソフト側も非常にシンプルな作りのアプリです。

インストールは公式アプリストアから

Microsoft To-DoはWindows、iOS、Androidで利用可能なアプリです。それぞれ公式アプリストアから導入が出来ます。

Windows 10ならばストアアプリで「ToDo」あたりをキーワードにして検索するとアプリのページが見つかります。

インストールはMicrosoft To-Doのページでインストールボタンをクリックするだけ。AndroidスマホへのインストールもGoogle Playからほぼ同じ手順で導入可能です。

非常にシンプルな使い心地

Microsoft To-Doの使い勝手は見た目同様にとてもシンプルです。

大項目を作ってその下にタスクをまとめることで最低限のタスクのツリー管理が出来るイメージです。

それぞれのタスクに関してはいくつかのステップ(フェーズ)の設定が可能で、それぞれのタスクやステップに関して期限の設定や、設定した期日にアラームを上げると言った機能があります。

それぞれのタスクにメモ書きも可能ですが出来ることは大体そこまで。より細かい本格的なタスクや業務のマネジメントの機能はありません

そこの割り切りがこのソフトのキモと言っていいかもしれませんね。

簡単かつシンプルに、小さなタスクの扱いに特化していると言っていいでしょう。

クラウドパワード

Microsoft To-Doもいわゆる「クラウドパワード」なアプリです。登録されたタスクはマイクロソフトのクラウド側に本体データが記録されているのだと思います。

同じMicrosoftアカウントでサインインしたMicrosoft To-Doアプリ同士で、登録したToDoの内容を共有して活用できるようになっています。

また、Outlookのタスクデータとも同期されますので、より本格的なタスク管理が必要になる場合にはOutlook側でより詳細な設定を行うことができる仕組みになっています。

そういったケースではMicrosoft To-Do側はToDoの状態をチェックするビュワー的な役割を果たすことになるでしょう。

Android版では画面の雰囲気はほぼ完全にWindows 10のUWP版アプリと同じに仕上がっていて、使い勝手にも共通感があり、問題なく併用が可能だと思います。