Windows 10でLinux。正式版となったWSLの使い方

実は今、Linuxと一番相性が良いOSになったのはWindows 10かもしれません。

Windows 10のコマンドプロンプトでLinuxのコマンドが使えます、といったレベルではなく、Windows 10上、というよりもWindows 10の中でLinuxそのものの全機能を動かすことが出来るようになっています。

MacOSも中身はUNIX系のOSですが、独自の解釈などがあって細かな部分はLinuxとは異なっています。

これに対して今のWindows 10の中で使えるLinuxは一般的に出回っているLinuxそのもので、Linux上で動くソフトウェアや環境の開発を行なう際には、まさに100%そのままのものをWindows 10で実現出来る仕組みになっています。

今回はちょっとマニアックですが、Windows 10の中でLinuxを動かすことが出来る仕組みのWSL(Windows Subsystem for Linux)の導入方法をまとめます。

ストアからLinuxディストリビューションをインストール

開発中のベータ版では導入がもうちょっと面倒でしたが、今のWSLはなんとマイクロソフトストアから導入が行えるようになっています。

UWP版のアプリなどを導入するのに近い雰囲気です。

ストアアプリから「Linux」で検索を行なうと必要なシステムが見つかります。

現在はLinuxのメジャーなディストリビューションから、Ubuntu、openSUSE、SUSE Linux、Debian GNU、Kali Linuxの5つが選べます。Fedoraも追加予定に入っています。

使いたいディストリビューションを選んでアプリと同じようにインストールを行ないます。

使えるようにするにはもう一手間

一般的なアプリと違うところはこの部分で、Linuxを使えるようにするにはもう一手間が必要です。

そのままUbuntuを起動すると次のようなエラー(0x8007019e)が出ます

きちんと利用出来るようにするには、Ubuntuを起動する前にWindows Subsystem for Linuxの機能を有効にする必要があります。

そのためにまずは次の手続きを踏みます。

Windowsキー+Xキーでメニューを出し「アプリと機能」を選択します。

設定アプリの「アプリと機能」のページが開きますので、右側にある「プログラムと機能」のリンクをクリックします。

コントロールパネルの「プログラムのアンインストールまたは変更」の画面が開きますので、次にこちらから「Windowsの機能の有効化または無効化」のリンクをクリックします。

Windowsの機能の有効化または無効化のウィンドウが開きますので、このリストの中から「Windows Subsystem for Linux」を見つけてチェックを付け「OK」ボタンをクリックします。

必要な要素のインストールでしばらく時間がかかります。

その後、再起動を求められますのでそれに従います。

再起動後、Ubuntuを起動するとここで本格的にUbuntuの詳細なインストールが実行されてUbuntuが利用可能になります。他のディストリビューションでも同様の手順になります。

初期ユーザーの登録を行なうとUbuntuのプロンプトが表示されて利用が可能になります。

Linuxのお試しにも最適

WSLは初めてLinuxを使ってみよう、と言うユーザーにも適切なツールの一つになってくれます。Windows Subsystem for Linuxで提供されるディストリビューションが恐らく一番簡単にセットアップできるLinuxのフル環境です。

WSLのマイクロソフトストアのレビューには使い方に強く注意を促すコメントも残されていますが、一般的なネット環境ならばそこまで気にしなくても大丈夫でお手軽にLinux環境にトライ出来ます。

今の多くのユーザーはルータを介してネットに接続しているはずですから、LAN内にLinuxサーバーをセットアップしてもそのLinuxサーバーがいきなりインターネットからの攻撃に晒されることはありません。

一般のお宅ではインターネット側からはルーターだけが見えていて、LAN内のパソコン一台一台は特別な設定を行わない限り外からはアクセス出来ないからです。

つまり、ユーザーが意図的にサーバーをインターネットに公開するための設定を行わない限り、WSLのサーバーがインターネットから攻撃を受けることはありません。大丈夫です。

もしパソコンを光回線直結で利用しているユーザーがいらっしゃいましたら、そのケースでは十分に注意を払う必要はあります。こちらはご注意ください。

また、普段使っているWindowsのテキストエディタを使ってプログラムを書き、それをWindows 10内で動いているLinuxでテストする、と言ったことが簡単に行えるようになります。

本格的なソフトウェア開発者の要求にも十分応えられる環境だと言えるでしょう。Linuxの必要な追加コンポーネントも普通のLinuxコマンドでインストール出来ますから。

April Update 2018での改善によってWindows 10内で動作するLinuxは、WSLのウィンドウを閉じてもバックグラウンドで動作するLinuxプログラムが動き続けてくれるようになりました。

WebサーバーなどのLinuxの機能がWindowsのサービスのようにバックグラウンで動き続けてくれる訳です。

Webアプリなどの開発をWindows 10パソコン1台で行なうことが十分に視野に入ります。