ロジクールのFLOW対応キーボードK780を試す

Logicool ロジクール マルチデバイス Bluetooth キーボード K780

FLOW対応のマウスMX Master 2Sに続き、FLOWの「リンクキーボード」として利用出来る、「K780 マルチデバイス BLUETOOTH キーボード」を入手して、キーボード込みのFLOWを試してみています。

ディスプレイ画面が一つにまとめられませんが、ほぼ完全自動の「PC切り替え機」的に活用でき非常に快適です。

今回は設定方法やキーボード自体の使い勝手などをまとめます。

コンパクトだけれど重いキーボード

K780はフルキーピッチのテンキー付きキーボードとしては非常にコンパクトな本体サイズです。

キー配列がノートPC的で、アルファベットキーとテンキーの間にカーソル移動キーや特殊キーを配置しないタイプのため、横幅がかなり節約できていることが大きいのでしょう。

机の上をかなり広く使えます。

ただ、その分、カーソル移動キーはサイズに制限が出て、ポジションやキーサイズ的に利用に慣れが必要な形になっています。

キーボード自体は非常に薄く、パームレストいらずの形になっています。

机の面に手のひらを置いてもキーボードの段差分の違和感なくキースイッチの上に指が伸びるタイプです。

一般的なキーボードでは、パームレストがないと疲れを感じるユーザーにはうれしい仕様かもしれません。

しっかりしたキータッチと短いストローク

キースイッチはノートパソコンで良くあるタイプのパンタグライフタイプ

キートップがほとんどぐらつかず、節度感・キレのある押しごこちが実現できていると思います。

キーストロークは短めで2mm程度の感触でしょうか。(公称2.5mm)

押し圧が重めではっきりしたクリック感のあるスイッチになっているため、タイプ感はかなり良好です。

また、キーボードの重さの原因の一つだと思いますが、キースイッチのベースにはしっかりとした金属板が使われていそうです。このため強くタイプしてもキーボードのベースが全くたわみません。この部分もタイプ時の気持ちよさの理由の一つかもしれませんね。

Surface Bookのキーボードのように、キートップとそれを支えるパーツの間に全くガタがありません。このためタイプ時に「カチャカチャ」いうような安っぽい音が生じず、見た目よりもずっと高級感のあるしっとりとしたタイプ感が実現されています。

また、タイプ音も非常に静かです。

見た目はあちこち丸いどこかファンシーなイメージのキーボードですが、実は中身の方は結構質実剛健な作りになっていますね。

丸いキートップでもタイピングの感触には全く問題がなく、普通に高速なタッチタイプができます。

キーボード面に若干の傾きは付けられていますが角度を変えられる脚などはないため、ユーザーによってはキーボードの角度面での使いにくさを感じる方もいるかもしれません。

デフォルトではFnキーとのコンビネーションが必要なファンクションキー

初期設定ではファンションキーの位置にあるキーには、Windowsなどの色々な機能が割り当てられています。(メディアコントロールやコンストラクションメニューのキーなど)

このためファンクションキーとして利用するためにはFnキーとのコンビネーションの入力が必要です。

ファンクションキーを多用するユーザーは、Logicool Optionsを使って設定を変更しておきましょう。

FLOWで「リンクキーボード」として使うための設定

このキーボードをFLOWで使用する際には、まずは「リンクキーボード」としてFLOWのドライバー側に認識させる必要があります。

この設定を行うために、まずはFLOWでつなぐPC全てにこのキーボードを認識させる必要があります。

著者の環境では、1台目はマウスに付属してきたUnifyingレシーバーとペアリング、2台目のPCにはBluetoothでペアリングさせています。

PC側の認識が終わったら、FLOWを使っているPCのいずれかで、リンクキーボードの設定を行えばOK。

他のFLOWで繋がったPCには自動的に設定がコピーされる仕組みです。

あとはマウス側の操作からのFLOWによる切り替えで、キーボードの接続先PCも自動的に切り替わってくれて非常に楽しい使い勝手になります。

やはりこれは、複数台のPCを同時利用するユーザーには理想の操作環境の一つですね。