Windows 10 Fall Creators Updateで正式リリースされた「Continue on PC」を試す

Windows 10ではスマートフォンとの連携強化が一つのテーマとなっています。

その一環として以前こちらのblogでも取り上げた、スマートフォンで閲覧中のWebページをPCに引き継いで確認するための機能が、いよいよプレビュー版から正式リリースに移行されました。

今回はこの機能の利用の手順などをまとめます。

スマートフォンをPCに登録

まず最初に行なうことは、Windows 10パソコンにスマートフォン情報を登録することです。

こちらの設定は設定アプリの「電話」を使います。この機能はFall Creators Updateで追加となりました。

「電話」のページでは「電話の追加」をクリック。

すると、スマートフォンにSMSを送って情報を登録するためのサブウィンドウが開きます。

こちらから国コード+81の日本(JP)とリンクさせたいスマートフォンの電話番号を指定します。

国際電話では国コードの後、局番の最初のゼロを省くカタチで電話番号を指定しますが、このSMS送信の操作では電話の局番のゼロを取る必要がありません。

「090xxxxxxxx」の指定でOKです。

また、海外からSMSがスマートフォンに送信されますので、リンクさせるスマートフォンは一時的にでも海外からのSMS着信を許可する必要があります。

電話番号などを入力して「送信」ボタンをクリックすると、対象のスマートフォンにSMSが送信されます。

そちらのメッセージに書かれたURLをクリックして、Microsoftランチャーをインストールします。

ここまででパソコンへのスマートフォンの登録は完了です。

こんな感じでスマートフォンがWindows 10パソコンから認識されるようになります。

スマートフォンからPCにWebページを転送

ここまでの設定が行えたら、あとは、スマートフォンで実際にブラウザからWebページを参照。そして、「PCで続行」のコマンドを発行するだけです。

ブラウザでWebページを開いた後「…」のボタンをタップ、開くメニューから「共有」を選択します。

すると次のサブウィンドウが表示されますので、こちらで「PCで続行」をタップします。

次の画面から引き継ぐ先のPCを選びます。

すると、数秒のラグののち、選択したパソコンで自動的にEdgeが立ち上がり、スマートフォン側で見ていたページが開かれます。

今の多くのメジャーサイトは、スマートフォン用のページ書式を持っていますが、きちんと作ってあるサイトならばパソコンとスマートフォンとで同じアドレスを使って表示だけ切り分けています。

ですので、パソコンに転送したWebページではきちんとパソコン用のフォーマットでの表示が行なわれるはずです。

パソコンとスマホ連携の第一弾

この機能はマイクロソフトが考えるスマートフォンとパソコンとの連携機能の第一歩に過ぎないものです。

マイクロソフトの「野望」と言ってもいいレベルの未来像は、もっと広い範囲で有機的なスマートフォンとパソコンの連携を考えています。

Timelineではパソコンだけではなく、連携させたスマートフォンでの操作も含んだカタチでの履歴のトレースを目指しているはずですから。

そのあたりの機能がいつ頃出てくるのか、とても楽しみです。