Windows 10プレビュー版にスマホで見ているWebページを引き継ぐ機能追加

 

Windows 10のこの秋の大規模アップデートとなるFall Creators Updateではまたたくさんの新機能の追加が予定されていますが、そのうちの大きな機能のいくつかは開発が間に合わず、来年以降にリリースが持ち越されることになっています。

Windows 10上で動作するソフトまで全て含めて過去に遡って状態を復元できるTimeline機能や、クリップボードをクラウド経由で共用できるCloud-Powered Clipboardといった目玉と目されていた機能も残念ながらリリースが延期になりそうです。

そんな中、スマートフォンなどの他OSのモバイルデバイスとの連携を行なう機能の一つがプレビュー版に提供されています。

まだ機能はシンプルなものですが、これが今後のWindows 10とモバイルデバイスとの連携の基盤の試金石となるかもしれません。

今回は、Windows 10プレビュー版で利用可能になった、スマートフォンのWebブラウザで開いているページをPC側に引き継ぐ機能を見ていきます。

PC側から連携を行なうスマートフォンの登録を

この機能を利用するためには、まずはPC側で連携を行なうスマートフォンを登録する必要があります。

この目的のために、最新のプレビュー版の設定アプリには「電話」という機能が追加されました。

こちらからSMSメッセージを使って連携を行なうスマートフォンを登録していきます。

スマートフォンのアプリの導入が必要

スマートフォンに届いたメッセージに記されたURLを経由して、AndroidスマホならばGoogle Play Storeにアクセス、そこから「Microsoft Apps」というアプリをインストールします。

このアプリはマイクロソフト製の各種アプリインストールのためのポータル的な役割を果たしますが、今回試すブラウザ連携の機能では特にそれらの機能は必要ありません。

このアプリ自体も終了してしまっても大丈夫です。

あとはスマホのブラウザから「共有」を行なうだけ

PCにスマートフォンを登録し、スマートフォン側にMicrosoft Appsアプリをインストールすると準備は完了です。

あとは、スマートフォンのブラウザで何らかのページを開き、ブラウザのメニューから「共有」機能を呼び出して、共有で使うアプリとして「Continue on PC」を選択。

その後、共有先のPCを選択するだけで、スマホで見ていたWebページの情報がPC側に転送され、対象のページがEdgeで開かれます。

非常に簡単かつ素早くPC側でWebページの続きを見ることが出来ます。

今は多くのサイトでスマートフォン専用の画面を用意していますが、Webサイト側の作りがきちんとしていれば、PCで開かれたブラウザではきちんとPC用のページでサイトの表示が行なわれるはずです。

スマートフォンとPCを併用している場合には便利に使える

スマートフォンでザッとWebサイトを斜め読みして、あとから情報量の多いPCの画面でじっくりとサイトの内容を精読したい、といった目的にはまさにぴったりの環境になりますね。

その場でWebサイトを転送する機能だけではなく、あとでPCで読む、といった機能も搭載されていますので、出先で気になったWebサイトが見つかった場合にも便利かもしれません。

そういった使い方は「リーディングリスト」を利用することでも可能ですから、若干の使い分けは必要になるかもしれませんが。

Windows 10のFall Creators Updateの開発に関するプレゼンでは、Windows 10でモバイルデバイスとの連携を強化する旨の発表が行なわれました。

まずはその第一歩的なものとして実際に形に見えるものが出てきた訳です。

この機能だけでも実用性はかなり高そうで、今後の更なる展開にも期待が持てそうですね。