COMPUTEX TAIPEI 2017会場でWindows MR対応HMDが一堂に

AcerのHMD発売のプレスリリース

 

2017年春のWindows 10大規模アップデート、Creators Update投入の段階から、4万円程度の安価なMR(Mixed Reality)向けのヘッドマウントディスプレイの市場投入が予告されていました。

そんな各社のHMDが先日開催されたイベントのCOMPUTEX会場で勢揃いしたようです。Acer、HP、ASUS、DELL、Lenovoが対応製品の展示を行ないました。

先行して開発者向けバージョンの製品の予約を開始したところ、予定を大幅に超えるオーダーが入って、Acerでは一時予約受付の停止まですることになっています。

大きな注目を集めていると思われるWindows Holographic改め、Windows Mixed Reality対応のHMDの事情をまとめてみます。

名称はWindows HolographicからWindowsh Mixed Realityに

Windows 10がサポートするMR向け機能は、当初Windows Holographicの名前で実装されました。マイクロソフト自身が開発・販売するHoloLensなどのとの製品の一貫性を出したかったのかもしれません。

ですが、「Holographic」の言葉の意味的からこの名称は適さないのではないか、との指摘は以前からあったようで、今回どうやら正式に名称が変わることになったようです。

実際Windows Mixed Realityの名称の方が、目指すところは分かりやすくなりましたね。

各社のMR向けHMDの特徴

Windows MR向けHMDの最大の特徴は、従来のVR向けHMDよりも大幅に価格が安いことでしょう。

今までのVR向け機材では最も低価格で入手できると思われるPlayStation VRでも5万円ほど。実際に使うにはPlayStation4がほぼ必須となりますので、8万円程度の予算が必要です。

その他PC向けのVR HMDはより高価な10万円以上の予算が必要です。ですが、Windows MR対応のHMDは4万円ぐらいから入手が可能になる予定です。この部分がまずはWindows MR向けHMDの優位点になると思います。

先行して体験できるようになっているAcerの製品では、表示用の液晶パネルはかなり高解像度でVR HMD製品のものと遜色はなく、その代わり視野角の面では少し狭さを感じるものになっているようです。

また、マイクロソフトのHoloLensでは、シースルーのバイザーで実際のリアル側の様子を見つつ、そこにHoloLensが作り出す3Dなどのコンピューター画像がオーバーラップして表示される形です。

これに対してこれから発売される予定のMR向けヘッドセットでは、どうやらバイザー部分左右に2つのカメラがついていて、これで撮影した画像データとパソコンで生成した画像を合成してパネルに表示する形になるようです。

また、こういったタイプのHMDに必須なのが、ユーザーの頭の動き、移動などをトレースするための「ヘッドトラッキング」という仕組みです。

首を回して頭を振ったら、それにディスプレイで表示する画像も追従しなければならないからです。

Windows MR向けHMDでは、HMD側の加速度センサーなどでこの処理を行なうことになるようです。PS VRなどのように外部のカメラでトラッキングを行なう仕組みとは異なるため、システムが少しシンプルになること、ユーザーの移動範囲の制限が小さいことも特徴と言えそうです。

MRもまだまだ種の段階だけれども

Windows Mixed Realityもまだまだ可能性の種をまいている段階で、どんな芽が出るかはこれから、と言った機能ですが、色々な夢と可能性は既に感じさせてくれるものですね。

一般的な形のディスプレイ無しでどこでもすぐにオフィスになるような、SF的な未来をどこか予感させてくれる機能だと思います。

まだまだデバイスその他の技術が発展途上ではありますが、これからの成長と展開が一番楽しみなジャンルかもしれません。