Windows 10 Fall Creators Updateの概要。次もクリエイター向け

マイクロソフトのWindows 10開発情報のページ

 

マイクロソフトの開発者向けのカンファレンス、Build 2017で、Windows 10の次の大規模アップデートの概要が公開されました。

また次回もクリエイター向けをうたう、「Fall Creators Update」の名称で開発が行なわれています。

その内容を見てみると、先日配信されたCreators Updateがむしろ「種をまく」更新だったようにも思えてきます。Creators Updateで実装された基盤機能を活用する機能が数多く実装されることになりそうです。

今回はWindows 10の次期大規模アップデート、Fall Creators Updateの概要をご紹介します。

Windows Story Remix

人工知能を駆使してユーザーの手元にある写真や動画などから、自動的にストーリーのあるアルバムや動画の作成が可能になるツールです。

実際には既存のフォトアプリに機能追加という形で実装されることになる模様です。

動画の編集の中では、画像の中の空間認識なども行えるようで、動画の中の3D空間を活かす形の3Dでのエフェクト追加なども可能になるようです。

明記はされていませんが、この辺りの認識技術にはHoloLensの空間認識技術が流用されているのかもしれません。実際に今のHoloLensは動作時には、リアルタイムである程度周囲の空間認識を行ないながら動いているはずですから。

Windows Timeline

あるアプリ単体であればアンドゥとリドゥ機能の応用で作業の任意の段階を再現できるソフトもありますが、Windows TimelineではWindowsそのものやその上で動作するアプリまで含め、過去の作業の状態の復元が出来るようになるようです。

加えてこの機能はクロスデバイス環境で動作可能で、Windows PCで行なっていた作業をAndroidやiOSのスマートフォンで継続する、といった使い方が可能になるようです。

スマートフォン側にCortanaをはじめとするツールのインストールが必要になるとは思いますが、プラットフォームの壁を取り壊すことになるかもしれない、画期的なツールに成長する可能性もありそうです。

このサービスの基盤には「Microsoft Graph」というサービスが使われます。今後のWindowsなどのマイクロソフトから提供される各種サービスでは、このMicrosoft Graphが鍵になっていきそうです。

また、Windows Timelineもそうですが、マイクロソフトが色々なサービスで複数種類のデバイスの包括的なカバーに本気で取り組み始めるようです。

スマートフォンとパソコンを使い分けているユーザーのさまざまな日常風景が変質していく可能性もありそうです。

Cloud-Powered Clipboard

こちらは機能的にはシンプルなものですが、実用性を考えると最も影響が大きな機能かもしれません。

Windowsなどのコピー&ペーストのバッファとして働く「クリップボード」がクラウドベースになります。あるWindows PCでコピーした内容を、別のWindows PCでペーストすることが出来る、ということですね。

さらに、このCloud-Powered Clipboardもクロスデバイス環境での活用が可能になる予定で、OSの壁を超えてクリップボードの共有が可能になります。

スマートフォンで撮った写真をクリップボード経由で簡単にPC側にペーストする、なんてことも当たり前に出来るようになる訳ですね。

OneDriveの仕様が元に戻る

Windows 10ではOneDriveにあるファイルやフォルダは、OneDriveを使う機器全てのローカルストレージにコピーが保持される仕組みに切り替わりました。

ファイルのダウンロードを待つことなく、いつでもすぐにファイルが使えるという点ではうれしい方式ではあるのですが、ストレージの容量に限りのあるモバイルデバイスなどではドライブの容量を圧迫する難点もありました。

このためユーザーからの強い不満があったようで、Fall Creators UpdateでOneDriveの仕様がWindows 8/8.1時代のものに戻ります。

通常はローカルにはコピーが置かれず、必要なときにダウンロードしてくる方式になります。

雑感

今までの大規模アップデートでは、どちらかというとより派手で話題になりそうな機能が先行して実装されてきたような印象もあります。

これに対してFall Creators Updateでは、実用上より有用かもしれない、でもどちらかと言えば地味かもしれないそんな新機能が目玉として打ち出されてきた、そんな気もします。

Windows Timelineは非常に機能的にも画期的なものですが、Cloud-Powered Clipboardはどちらかというと地味で、ですが、複数のデバイスを併用するようなユーザーにとっては一種夢のような機能になってくれる機能です。

これだけ短い間隔で大規模アップデートを繰り返してネタ切れはないのか?なんていらぬ心配もしたりしますが、まだまだ当面は大丈夫そうですね。今年の秋も楽しみです。