実はゲームとの親和性も高いWindows 10。次はゲームモード

 

Windows 10はOS本体にゲームなどのプレイ画面を動画で記録する機能や、生放送などを行える実況機能が搭載されています。

パソコン本体にそこそこの性能があれば、ゲームプレイに大きな影響を与えることなくかなり実用的な画質での録画が可能な、結構実用性の高い機能に仕上がっています。

ちなみに録画機能で動画の記録が可能なのは、何もゲームに限定されているわけではありませんので、パソコン操作を動画で記録する、なんて用途にも活用可能な便利な仕組みになっています。

さて、Windows 10のゲームを巡る機能ですが、次期大規模アップデートのCreators Updateでは、さらに「ゲームモード」が追加されるようです。

今回はこのゲームモードも含め、Windows 10のゲームに関連する機能あれこれをまとめてみます。

ゲームモードとは

次期大規模アップデートであるCreators Updateのリリースに向け、ユーザー参加のバグ叩き出しプログラム「bug bash」も始まっています。いよいよリリースへのラストスパートに入った感があります。

そのCreators Updateではまたたくさんの新機能、新要素が実装されますが、ゲーム関連でもいくつかの新要素が登場の予定です。

一つは上でも触れました「ゲームモード」の実装です。

これは対応ゲームではゲームのプログラムの実行優先度などを調整して、よりスムーズにゲームを動かせるようにする機能ではないかと予想されています。

WindowsなどのマルチタスクのOSでは、OSが提供している各種のサービスを維持するために、ユーザーが使っているプログラム以外に見えないところで複数のOS自体のプログラムが走り続けています。

通常はこういった影で動いているプログラムの負荷が急激に高まって、表側でユーザーが使っているプログラムの動作に影響を及ぼすことはごくごくまれです。特に今のようにパソコンが極めて高性能になった状態では。

ですが、そんなレアケースも動きがシビアなゲームにおいては致命的な影響を及ぼす可能性もゼロではありません。そういった悪影響を出来るだけ排除しようとするのがゲームモードなのだろう、と、今のところは予想されています。

ただ、具体的な内容はマイクロソフトからアナウンスがないため、詳細な中身に関してはまだよく分からない部分の方が多い機能です。

Creators Updateではゲーム関連設定が設定アプリに集約

従来のWindows 10ではゲーム録画や実況、スクリーンショットのOS機能による採取などの設定は、「x-boxアプリ」にまとめられていました。

今まではゲーム関連の機能は全部x-boxアプリで、という思想だったのだと思います。これはこれでありだと思いますが、設定関連は今後はできるだけ設定アプリにまとめてしまおう、という方向になったのかもしれません。

Creators Updateでは、これらのゲームに関連することが多い機能の設定も、設定アプリ側に集約されるようになります。

録画等々の機能を起動するのに便利な「ゲームバー」関連の設定も、設定アプリ側に移動します。

これに合わせて設定アプリのホーム画面に「ゲーム」のボタンが追加されます。ここからもWindows 10がかなりゲームを重視する姿勢が見えてきます。

最新のx-boxのOSはWindows 10になっていますから、そちらとの兼ね合いもあるのかもしれません。

実は最先端のゲームプラットフォームはWindowsパソコン

ゲームコンソールも比較的最近代替わりをして、PlayStation4やx-box oneが登場しています。性能や機能面で一旦、パソコンの最先端にかなり接近しました。

ですが、パソコンとゲームコンソールは性格がかなり異なります。ゲームコンソールは一度固めたハードウェアをかなり長い期間にわたって使い倒す形になります。

これに対してパソコン側は新しいハードウェアが登場するたびに性能の最高点が先に先に進みます

こういったことから、実は最先端のゲームのプラットフォームはいつの時代でもWindowsパソコンなのです。

スマートフォンなどの台頭でパソコンの居場所を奪われていく中、マイクロソフトもゲームプラットフォームとしてのWindows機をより重要視するスタンスに移行しているのでしょう。

x-boxのOSカーネルとの共通化とも合わせ、今後もゲーム関連機能の強化は進んでいく形になるはずです。