メカニカルキースイッチのブランドCHERRY MXの黒軸、青軸、茶軸、赤軸って?

10-p05

 

高級なキーボードで根強い人気を持つキースイッチに、「メカニカルスイッチ」という機構を持つ製品があります。

キーが押し込まれたことを検出する仕組みとして、名前の通りに機械的な仕組みを利用するスイッチのことを言います。

キートップを支える仕組み、キーの反発力を作り出すバネ、キー入力を検知するスイッチがそれぞれ独立する形でしっかり作り込まれているものが多いため、キーの打ち心地がしっかりしたキースイッチが多いのが特徴です。

その分どうしても部品代がかさみがちで、メカニカルスイッチを採用するキーボードは高価になってしまいがちです。

そんなメカニカルタイプのキーボードに使われるキースイッチには、絶対的存在の強力なブランドがあります。今回はこのキースイッチの王者とも言えるCHERRY MXブランドのキースイッチを、少し詳しく見ていきます。

CHERRY MXブランドとは

まずCHERRY MXというブランドが何かと言いますと、ドイツのZF Electronics社が製造しているキーボード用のスイッチのシリーズのことを指しています。

キーの押し心地の良さや耐久性の高さ、そして打鍵感の異なる何種類かのキースイッチを持つことで、特にゲーム用のキーボードには絶大な人気を誇ります。

基本的に多くのCHERRY MXシリーズのキースイッチは、タイプ音がキレの良いいい音がしますので、タイピングする人はその音でタイプするリズムを作りやすく、心地よくタイピング出来るメリットがあります。

そのCHEERY MXの打鍵感の異なるキースイッチを、キートップと接続する部分の軸の色で呼称するのが一般的になっています。

一般的に出回る製品では、「黒軸」「赤軸」「茶軸」「青軸」の4種類があります。

黒軸

まず黒軸のキースイッチの特徴からご紹介しましょう。

このスイッチはキー入力が行われる際の「クリック感」と音がありません。タイプ音はキースイッチが一番底まで押し込まれて基盤部分に当たったときの音です。

キータッチは重め押し込むに従って押し込み圧が重く、反発力も強くなるタイプです。

文字をたくさん打つような用途に向いているとされていて、強いキーの反発力を使ってタイピングのリズムを作ると、非常に快適で効率の良い文字入力が出来るようになります。

クリック感・音はないものの、キーが底を打つときの音は大きめ。打鍵音はそれなりのボリュームになります。

赤軸

黒軸と同じようにキー入力の際のクリック感がないタイプのスイッチです。

黒軸と同様にキーの押し込み圧はキーを深く押し込むに従って重くなるタイプで、やはり同様に反発力も強くなっていきます。

キーの押し込み圧は黒軸よりは軽め

今のパソコン用キーボードとしては、こちらぐらいの押圧が一般的と言えるかもしれません。

茶軸

黒軸、赤軸とは異なり、キー入力時に柔らかめのクリック感があるタイプのキースイッチです。クリック感があることから心地よい入力の感触を得やすくなっています。

押圧も軽めで、キータッチの軽いキーボードが楽な方にぴったりのキースイッチです。

青軸

キー入力の際にかなりはっきりしたクリック感のあるキースイッチで、高めのいかにもメカニカルスイッチっぽい、カチッという音の出るタイプのキースイッチです。

押圧も軽めで素早いキーの反応を望むゲームユーザーに人気の高いタイプとされています。

打鍵音は大きめですので、場所によっては使用を考えた方が良いケースもあるかもしれません。

高級キーボードに搭載

そもそもメカニカルスイッチを使ったキーボードは、キーの数分だけキースイッチが必要になりますのでどうしても部品代が高くつき、キーの数の少ないコンパクトタイプのキーボードでも1万円を超える価格がつくことがザラです。

その代わりとても高い耐久性と、タイプ感の良さが味わえるようになっている形です。

まとめ

たくさんの文字入力を行う際には、何気にキーボードのタイプ音が重要な要素になってきます。リズム良く気持ちの良い入力を行うには、ある程度のボリュームの心地の良い音が出ることもいい影響が出る要素なのです。

ただこの部分は、周辺に他の人がいる場合にはちょっぴり難しい問題にもなり得ます。特にタイピングの強い方は打鍵音が他の人にとっての「騒音」になりかねません。

特に、気持ちの良い音は出るものの、打鍵音の大きめなメカニカルスイッチのキーボードを使う際には、TPOに注意を払った方が良いでしょう。