手書き操作対応で便利になったWindows 10のマップアプリ

Windows 10に標準搭載されている地図アプリの「マップ」がいつの間にかバージョンアップされて、手書き入力機能の「Windows Ink」に対応するようになっていました。

そのおかげでいくつかのとても面白い機能が導入されて、使い勝手もとても直感的な使用方法が実現されています。

今回は思いの外高い実用性を備えるようになった、Windows 10標準のマップアプリをご紹介します。

Windows Inkって?

まずWindows Inkが何者か、軽く触れておきましょう。

Windows Inkは、これからのWindows 10での色々な手書き入力を支える基盤となるような機能だと思われています。

まだ、その機能が使えるようになっているのは今回ご紹介するマップアプリなど、ごく一部のアプリだけですが、付箋に手書きのメモが書き込めるようになったりしています。

タッチパネルなどを活かす形でより直感的にパソコンを利用できるようにしようという、ある意味ではマイクロソフトのユーザーインターフェイスの実験場とも言えるかもしれません。

地図にも手書きメモ

マップアプリに実装された機能のまず一つ目は、画面上の地図に直接手書きのメモなどが書き込めるようになったものです。

Windows Inkのツールバーを表示させて、

10-p02_01_s

 

ペン機能を選んでやれば、フリーハンドで地図にメモを書き込めるようになります。

10-p02_02_s

 

もちろんペンの色も変えられます。

10-p02_03_s

 

サイズはペンの太さですね。

指でなぞったルートの距離を測る

一つ前で書いたメモを書き込む機能は序の口みたいなもので、この機能からがWindows Inkの本領発揮、という感じの機能です。

地図上を指でなぞったルートの距離を自動的に測ってくれます。イメージとしてはこんな感じです。

10-p02_04_s

 

すごく遠いところの距離を正確に測るのには地図の縮尺との兼ね合いがありますから、ちょっと厳しいところもありますが、例えば毎日の散歩のコースの距離を知りたい、なんて時にはすごく簡単に距離を測ることができます。

海の上の航路の距離の測定なんかもいいかもしれませんね。道がないからカーナビのルート探索じゃ距離が求められませんし。

消しゴム機能ももちろん完備

こちらもWindows Inkの標準機能ですが、消しゴム機能もしっかり搭載しています。

10-p02_05_s

 

Windows Inkでは基本的にフリーハンドで引いた線も一つの図形として記憶されていますので、一筆で書いた線は消しゴム一発でいっぺんに消すことが出来ます

10-p02_06_s

 

直感的にルート探索

カーナビなんかのルート探索よりももっと直感的な操作で、ルートの案内をしてもらうことが出来ます。

ルート案内」のボタンをクリックして、あとはスタート地点とゴール地点をなぞって結ぶだけ

10-p02_07_s

 

指を放すと自動でルート探索が動きます。

10-p02_08_s

 

出発地点とゴール地点と、指定する位置が微妙にずれたりすると、余分なルートも追加されてしまいますが、そこはご愛敬。

定規も

Windows Inkの代表的な機能が「定規」なんですが、こちらもマップアプリで使えます。

地図画面に直線を引きたいときには定規を出して、それをなぞるように線を引っ張ればOK。

10-p02_09_s

 

定規はドラッグして場所を移動させたり、2本指タッチで回転させたりすることももちろん出来ます。マウス操作ならばスクロールホイールで回転してくれます。

マップアプリ操作の際の二つのモード

手書きで何かを書き込むモードと、従来のように地図をスクロールさせたり拡大縮小させたりする操作の2つのモードがあるところには注意が必要かもしれません。

Windows Inkツールバーの右端のボタンのアイコンがペンの形の時には何かを書き込むモード

10-p02_10_s

 

指のアイコンの時には地図をスクロールさせるモードです。

10-p02_11_s

 

まとめ

Windows 10以前のWindows標準のマップアプリは、特に日本国内の地図データがかなりずさんなせいで、日本ではちょっと「使えない」レベルの内容でした。

ですが、今はそのあたりもかなり改善され、ランドマークもたくさん登録されています。

今回追加になった手書き入力の機能も、半分はWindows Inkの機能デモの意味合いがありますが、実用性も結構な水準にあると思います。

Windows 10搭載の、特にタッチパネルを持つパソコンをお使いの方は一度試してみる価値はあると思いますよ。