Windows Hello対応。マウスの生体認証デバイス

mouse USB顔認証カメラ Windows Hello 機能対応 CM01

Windows Hello」という機能をご存じでしょうか?これはWindows 10で実装された、Windows組み込みの生体認証機能の総称です。

指紋や静脈、顔認識や虹彩認証など、生体認証用のセンサーがあれば、Windows 10だけで各種ログイン操作などの認証操作に、生体認証を利用することが出来るようになります。

Surface Pro4やSurface Bookが標準で備えている顔認証用のカメラがそのセンサーの一例ですね。

この生体認証用のカメラと指紋センサーをマウスコンピュータが発売しました。今回はこれらのデバイスのお話に絡めて、Windows 10の生体認証にまつわるお話をまとめます。

Windows 10標準機能となった生体認証機能

Windows 10では1年前の登場時から生体認証機能を標準で搭載していました。Windowsへのサインインに使えるほか、Windows 10の標準ブラウザであるEdgeでは、Webサービスへのログインに生体認証を使える基盤機能が搭載されています。

また、OS自体に生体認証用の機能が内蔵されていますので、アプリケーション側が生体認証機能を使いたい場合には、完全に新規に機能を起こす必要がなく、Windows 10が提供する基盤機能を使うことで比較的楽に生体認証機能の実装が出来るようになっています。

実際には普及の方はまだまだ

Windows 10の登場で少しずつ生体認証機能を使う基盤は整いつつあるのですが、実際に生体認証でログイン可能なWebサービスはほとんど登場していません

著者が気がつい範囲ではドコモの携帯電話専用サイトの一部が、携帯電話の指紋センサーなどを使ったログインに対応しているぐらいです。

指紋にせよ顔認証にせよ、IDとパスワードを使うログインよりもはるかに高いセキュリティレベルを実現できる技術ですから、それこそネットバンキングサービスなどには早急に導入した方が良い技術なのではないかと思います。

こういった事情もあるためせっかくのWindows Helloも、事実上役に立つのはSurface Pro4などでのWindowsへのサインインがすごく速くて楽なことぐらい、という程度に留まっています。

実際のところ、Surface Pro4やSurface Bookの顔認証によるサインインは、非常に精度も高く、顔の向きが多少斜めを向いていても大丈夫ですし、カメラの正面になくてもかなりの範囲を検知してくれます。

また認証のスピード自体も極めて速く、パソコンの電源を入れて気づいたらサインインが完了している、そういった感触で動いてくれます。

Windows Hello自体の完成度はかなり高いといえると思います。

マウスコンピュータが生体認証用デバイスを市場投入

Windows Helloの状況はこのようなかたちで、まだまだ適用できる範囲はとても狭いものなのですが、そんな中でもマウスコンピュータが2種類の生体認証用デバイスを発売しました。

1つは可視光と赤外線のセンサーを使っている、顔認証用デバイスです。もう一つは、指紋センサーを使ったデバイスで、超小型のUSBメモリや、無線マウスのドングルのような形をしています。

どちらもWindows Helloならではの高速でのサインイン操作が可能になるようで、特に顔認証を使えばサインイン操作をほぼ意識することなく、いつの間にかデスクトップが表示される、といった使い勝手を実現できます。

価格は顔認証用の製品が7,980円+消費税、指紋センサーが4,980円+消費税で販売されています。が、問題は恐らくはこの価格の部分になる気がします。

今のところWindows Helloで使えるサインイン操作が非常に少なく、多くのユーザーにとってはWindows 10へのサインインだけを簡単にする周辺機器、という位置づけになってしまう可能性が高いからです。

この用途だけに使うにはちょっとこのお値段は…、というユーザーが多くなると思います。

今後、Windows Helloに対応するアプリや、生体認証に対応するWebサービスなども増加していくとは思いますが、それに対する先行投資、とユーザーが割り切れるかどうかがこの製品が売れるかどうかの分水嶺かもしれません。