AMD派の春が来るか?明らかになり始めた新CPUアーキテクチャ「Zen」

09_p03

パソコンを趣味とする人の中でも特に自作ユーザーの間には、CPUではインテル派AMD派、ビデオカードではNVIDIA派AMD派、といった派閥みたいなものがあります。以前に比べると、どうしてもわたしはこっちのメーカじゃなきゃダメ、というユーザーは減ってきているような気はしますけれど。

ここのところしばらくCPUの面でもビデオカードの面でも、AMD派はすこーし風向きの悪い状態が続いています。

特にCPUに関しては、純粋なCPU性能ではインテルの後塵を拝する状態が続いています。今のCPU事情を考えると会社の体力面など、どうしようもない事情もあるのですけれど。

今回はそのあたりも含めて、AMDが現在開発中で商品化間近の新CPUのお話をまとめてみます。

今のAMDのCPUの状況

今AMDが世に出しているCPUは、誤解も覚悟の上で単純な言葉でまとめるなら、かつてのPentium4的な性格を持つCPUになっています。クロック当たりの性能(≒IPC値)をあまり追求せずに、絶対的な性能はクロックを上げることで稼ごう、というバランスをっています。

これは今のパソコンやサーバー向けのCPUの事情が強く影響しています。

今のパソコンで主流となっているCPUは機能が高度化しすぎて中身がものすごく複雑化しているために、毎回の開発のたびに新機能の追加や性能の向上を盛り込むのがとても大変になっています。

こういったものすごく大変な開発作業を行う会社の体力的な面では、巨大なインテルにかなう会社は恐らくありません。また、インテルは自分でチップの製造を行う工場も持っていて、そちらの技術でも最先端を行く企業です。

両者の相互作用でパソコン向けのCPU開発では、まさに他社の追従を許さない、という状況をキープし続けているのです。

そういったインテルのCPUとの真っ向からの勝負を避けようと設計・開発が行われたのが、今のAMDのCPUのアーキテクチャです。

CPUのコアを比較的単純で小規模にまとめて動作クロックも上げやすくして、コア数を増やしたり、動作クロックを上げることで性能面でもキャッチアップを図ろうとしました。

ですが、実際にはもくろみ通りにはならず、純粋なCPU性能の面ではインテルに置いていかれる形になってしまっています。

AMDが得意とする統合GPUの性能面を活かす形で、比較的安価な中でも統合GPUの性能が高い、AMDがAPUと呼ぶタイプのCPUでなんとかすき間的ポジションを狙うような、そのような状況になってしまっています。

ただ、このAPU開発の実績などを買われてPlayStation4やXbox Oneでは、AMD製のカスタムCPUが採用される形になっています。

Zenでは原点回帰

これに対してAMDの新CPU「Zen」では、AMDのCPUの原点回帰、と言えるような設計が行われています。動作クロックで性能を稼ぐのではなく、クロック当たりの性能を高めることで総合的なCPU性能を高める方向に舵を切りました。

今のインテルCPUに真っ向から同じ土俵で勝負を挑むような形です。

実はAMDはインテルがPentium4で迷走していた時期には、クロックあたり性能を高めたCPUを製造・販売して、インテルのシェアをかなり奪っていました。

こちらの面でもAMDのCPUは原点回帰する、ともいえることになります。

IPC値40%アップ

今のAMDのCPUがあまりクロックあたりの性能にこだわっていないこともあって、Zenではクロック当たりの性能の目安となるIPC値が40%も向上すると発表されています。

CPUの内容的にもインテルの第7世代のCoreプロセッサあたりに肩を並べそうな設計になっているようです。また、製造プロセスも14nmクラスのものが使えますので、そちらの面でもハンデがかなり小さくなっています。

インテルのハイパースレッディングテクノロジーと同じ技術が採用され、高性能パソコン向けには8コア16スレッド対応のCPUが登場する予定です。また、サーバー向けには32コア64スレッド対応のモンスター級のCPUも登場する模様です。

最初からインテルの高性能CPUを超えることはなかなか難しいとは思いますが、今のAMD製CPUよりはかなり性能面での向上は期待できます。

やっとCPUのAMD派にも春の兆しが訪れることになるかもしれません。