Windows 10アップグレードの不安を少し解決?認証問題解決機能搭載へ

07_P04

Windows 10に限らず、WindowsではOSのライセンス認証がパソコンのハードウェアと紐付けられています。このため、パソコンの重要なパーツを交換した際に、Windowsのライセンス認証が外れてしまうケースがあります。

Windows 10も同様の仕様になっていましたが、8月2日にリリース開始されるWindows 10のAnniversary Updateでは、この問題に対処するための機能が追加になります。

今回はこの、ライセンス認証のトラブルを解消するためのツールをご紹介します。

・Activation Troubleshooter

Windows 10のAnniversary Updateで実装予定のライセンス認証外れの問題に対応するためのアプリは、英語名では「Activation Troubleshooter」(アクティベーション・トラブルシューター)と命名されています。直訳すると、OS有効化問題対処ツール、といったところでしょうか。

Windows 10ではOSのライセンスに「デジタルライセンス」という考え方が導入されています。このデジタルライセンスがAnniversary UpdateからはMicrosoftアカウントと紐付けられるようになります。

Windows 10へのサインインにMicrosoftアカウントを利用していれば、自動的に利用中のWindows 10のライセンスは該当するMicrosoftアカウントに結びつけられます。

もし、パソコンのパーツを交換してWindowsの認証が切れてしまった場合には、Microsoftアカウントから対応するライセンス情報を引っ張ってきて、「Activation Troubleshooter」が認証の問題を解決してくれるようになります。

従来であれば、マイクロソフトのコールセンターに電話して、オペレーターに対応してもらう以外にはこの問題に対処する方法がありませんでしたので、使い勝手の面で大きな進歩になると思います。

・アップグレード版の不安も解消?

当初、Windows 7/8.1からアップグレードしたWindows 10では、パソコンのパーツの交換は認められない、との情報が流れていました。

ですが、Windows 10のデジタルライセンスが、Microsoftアカウントと結びつくことで、この不安もどうやら解決することになりそうです。

・実際にはライセンス認証を外す方が大変?

実のところ、アップグレード版でもパーツ交換でWindows 10のライセンス認証を外すのは、結構大変みたいです。

「Activation Troubleshooter」の使い勝手の調査を行なったとあるWebメディアでは、「メインメモリ以外のすべてのパーツ」を交換して、やっとライセンス認証が切れる状態を作り出していました。

著者もWindows 10をインストールしているSSDを交換していますが、このWebメディアがテストを行なったときと同様に、それだけではWindows 10のライセンス認証が外れることはありませんでした。

通常の故障によるパーツの交換程度では、ライセンス認証が切れることはまず心配しなくて良さそうです。

ですが万が一の時のためには、やはり「Activation Troubleshooter」の存在はありがたいものになると思います。特に、自作パソコンユーザーにとっては。

8月2日のAnniversary Updateが待ち遠しくなりますね。