Windows 10、1周年記念アップデート8月2日リリース決定

07_P01

Windows 10はリリースから1年を迎えますが、そのタイミングに合わせるように、次の大規模アップグレードが配信されることが決まっています。先日そのリリース日が8月2日になることが発表されました。

ここまでのWindows 10の大規模アップグレードでは、あまり大きな新機能、新要素が盛り込まれることはなかったのですが、次の「Anniversary Update」は全く違った、本当の意味での大規模アップグレードになりそうです。

・Windows 10への無償アップグレード終了後のリリース

色々とあまり良くない意味で物議を醸すことになってしまったWindows 10への無償アップグレードですが、こちらは7月29日に終了します。

一時期、Windows 10の魅力度を引き上げて無償アップグレードを促す意味で、Anniversary Updateを7月中旬頃に持ってくるのではないか、という観測も流れましたが、実際には8月2日リリースとなり、どちらかというとWindows 10を選択してくれたユーザーへのご褒美、的な意味合いになったかもしれません。

それぐらい色々な機能が盛り込まれています。

・スタートメニューにも手が入る大々的なアップグレード

Windows 10で復活したスタートメニューですが、使い勝手にはまだユーザーから色々なフィードバックが上がっているようです。それをマイクロソフトが汲み上げて形にしたのがAnniversary Updateでの新しいスタートメニューと言うことなのでしょう。

「すべてのアプリ」のリストを表示するためには現状のWindows 10は一つ操作をはさまなければなりませんが、Anniversary Update以降のWindows 10では常時すべてのアプリのリストが表示される状態になります。

「設定」アプリのユーザーインタフェース(UI)にも手が入るなど、細かく色々な部分のUIが見直されています。

Cortanaも地道に強化が続けられていて、将来的には「コグニティブ・コンピューティング」と呼ばれるジャンルの技術の基盤を形作ろうとしているように思われます。

Edgeの強化も継続して行なわれます。Windows 10での生体認証機能であるWindows Hello、これを利用してWebサービスにログインするための基盤機能がEdgeに導入されます。

また、Edgeの拡張機能もどんどん追加されていて、Office Onlieの拡張機能版も利用可能になります。Office Onlineでは使えなかったローカルのディスクにあるオフィスファイルを直接開く機能も実現されそうです。

「Windows ink」も正式版に初登場します。

最初は付箋アプリの手書き版、的なスモールスタートになりそうですが、将来的には地図アプリ上を手書きの線でなぞるとその距離を計測する、といった機能も既に予告されていて、手書き入力関連の可能性を大きく広げる基盤となることを目指しています。

また、よりコアなユーザーや開発者向けの機能になると思いますが、Windows標準のコマンドプロンプトなどよりもはるかに強力なコマンドラインインタフェース、「bash」が利用可能になります。

これは単にシェルと呼ばれるアプリのbashをWindowsに持ってきただけではなく、「Ubuntu」という種類のLinuxの機能を大々的にWindows 10に移植するものです。このため、Ubuntuのその他のプログラムもWindows 10上でほぼそのまま動作させることが可能になるようです。

UNIX系の開発者が使い慣れたemacsやviといったエディタを使って、Windows上で開発作業を行なったり、テキストファイルの編集をしたりすることも可能になります。

・パソコンのパーツ交換時のライセンス認証切れ問題を解決するツールも

自作パソコンユーザーには大きなニュースになると思いますが、パソコンのパーツを交換してWindows 10のライセンス認証が切れてしまった場合、従来はマイクロソフトのコールセンターに電話を入れて対処を依頼する必要がありましたが、これを自力で解決可能になるツールが組み込まれることになります。

ライセンス情報はマイクロソフトアカウントに紐付けられますので、マイクロソフトアカウントでサインインする設定にしておけば、パーツ交換でライセンス認証が切れてしまった場合にも、自力で解決することが可能になります。

パーツ交換の多い自作機ユーザーにはとてもうれしい機能です。

・Windows 8 => 8.1以上の規模かも

Windows 8から8.1へのアップグレードも無償アップグレードとしてはとても規模の大きな変更でしたが、今回のWindows 10のAnniversary Updateはそれを超える規模のアップグレードになるかもしれません。

また、今後Windowsが目指そうとする方向を示す修正内容が盛り込まれそうです。

著者はプレビュー版でこれら新機能の一部を既に試していますが、新々スタートメニューもなかなかいい感触ですよ。