Windows 10無償アップグレード期間残り2ヶ月を切る

06_P04

Windows 10への無償アップグレード、マイクロソフトのかなり強引なやり口で別の意味で盛り上がりを見せてしまっていますが、残り期間は2ヶ月を切りました。

7月29日で無償アップグレード期間は終了します。マイクロソフト側は日本でもアメリカ本社でも、期間の延長はない、と少なくとも今のところは断言しています。

この期間を過ぎてしまうとWindows 10へのアップグレードは、もちろん安くないお金を払わないと出来なくなります。

・無償アップグレード期間に限りがあることの認知度が低い?

数ヶ月前のマイクロソフトの調べでは、Windows 10への無償でのアップグレード期間に限りがあることを知らないユーザーがかなりの割合存在したそうです。そういったユーザーへの告知も含めマイクロソフトはWindows 10の様々な情報の公開を、それ以降ペースを上げて行なっているようです。

上にも書きましたとおり、Windows 7、8.1からWindows 10に無償でアップグレードできる期間は、今年の7月29日までです。それを過ぎるとアップグレードは有料になりますのでお忘れなきよう。

ちなみに、アメリカ国内では少し割安なアップグレード版が準備されるとの情報もありますが、今のところ日本国内ではアップグレード版の発売は予定がないようです。このためアップグレードにはパッケージ版が必要になります。

パッケージ版はWindows 10 Homeエディションもそれなりのお値段がしますので、アップグレードを考えてらっしゃる方は時機を逸しませんように。

ちなみに、7月29日の何時に終了するかは、まだどこからもアナウンスがありません。ギリギリのタイミングでアップグレードしようとして、認証されずに失敗、などといった事故を避けるためにも、アップグレードされる方は少し余裕を持ったスケジュールで行ないましょう。

・Windows 11、12は出ません

もしかするとこちらも認知度が低いのでしょうか?

某所のコメントを見ると、Windows 11や12が出ると思われている利用者もかなりいるようで、それを理由に今回のWindows 10へのアップグレードを見送る、という意見も見受けられました。

少なくとも今現在まで、マイクロソフトはWindows 10が最後のメジャーアップグレードになる、と発表してそれを曲げていません。

つまり、一度Windows 10にアップグレードしてしまえば、そのパソコンはこれからずっとWindows 10のまま使い続けられる、という意味です。

ただまあ、事業環境などの変化でマイクロソフトが次のOSを出す可能性もゼロではありませんね。ですがその際にはもう、Windowsではない、何か全く別の製品になる可能性の方が高そうな気がします。

・Windows 7が動くパソコンなら楽々動かせるパワーがある

Windows 10は実はWindows 7よりもかなりシェイプアップされた軽いOSです。

Windows 8/8.1が既にWindows 7を改良して、かなりのシェイプアップが図られていました。さらにそのWindows 8.1をベースに改良を加えたのがWindows 10ですので、OS本体はとてもシェイプアップがされています。

パソコン周辺機器のドライバーの問題がクリアできれば、Windows 7が動いていたパソコンならばWindows 10を楽々動かすことが可能です。

・もちろんアップグレードしない選択も十分にアリ

Windows 7は2020年まで、Windows 8.1は2023年まで延長サポートが受けられます(一部例外はありますが)。ですので、今手元のパソコンをその期限いっぱいまで使い切る、という選択もごく当たり前にありです。

必須のアプリケーションソフトや周辺機器の動作の関係でOSのアップグレードが出来ない方もいると思いますので、今の環境を温存せざるを得ないケースもたくさんあると思います。

そういった方は、かなり執拗なマイクロソフトからのアップグレードの案内は邪魔に感じられるでしょう。もう少し、7月29日以降まで我慢すればその攻勢も終了します。アップグレードを促すプログラムは7月29日以降に自動的に削除される予定です。

また、マイクロソフトはアップグレードを行なわない様に設定を変更するための方法や、一度アップグレードが行なわれてしまっても、OSを巻き戻して元のものに戻すやり方も公開しています。

必要でしたらそちらも参照されると良いと思います。