Windows 10スマホからの逆輸入。UWPアプリならこんなことが出来る

06_P02

先日Windows 10向けにOneDriveアプリがリリースされました。このニュースを見てあれ?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それはパソコン用のWindows 10では、OneDriveは標準のファイル操作アプリであるエクスプローラに統合されていて、特にこのアプリをインストールしなくても最初から普通に利用が可能だからです。

また、このアプリにはちょっとした面白い特徴があります。そのあたりを含め今回公開されたOneDriveアプリをご紹介します。

・実はスマホ版Windows 10からの逆輸入?

実は今回パソコン用Windows 10「にも」公開されるようになったOneDriveアプリは、おそらくスマートフォン向けのWindows 10である、Windows 10 Mobileからの逆輸入です。Windows 10スマホのOneDriveアプリと機能面でもまったく同じものが実現されています。

パソコン用Windows 10のエクスプローラに統合されているOneDriveでは、OneDriveの機能のうち一部が利用できなくなっています。OneDriveにアップロードしたファイルの共有設定などが行えません。

ですが、OneDriveアプリからはOneDriveで利用可能な機能がすべて使えるようになっています。

パソコンでOneDriveアプリを利用しているときにアプリのウィンドウの幅を一番狭い状態にすると、実は見た目がスマートフォンで利用しているOneDriveアプリとほぼ一緒になります。

この辺りが実はこのアプリを組み上げている仕組みのミソになっています。

・ユニバーサルアプリ、UWPという枠組み

今回リリースされたOneDriveアプリはユニバーサルアプリと言われるタイプのアプリケーションになっています。

パソコンとWindows 10スマートフォンとではまずCPUからして違うのですが、フル機能版のユニバーサルアプリでは、同じソフトがWindows 10パソコンでもWindows 10スマホでもそのまま動作します。

そして、画面幅に応じて最適なスタイルにアプリの見た目、使い勝手が変化するような仕組みになっています。

ユニバーサルアプリという呼び方が当初から行われていましたが、最近はUWP版アプリと呼ばれることが多くなっているようです。ちなみに、UWPとは「Universal Windows Platform」の略で、ユニバーサルアプリのような動作を可能にするための枠組み、仕組み全体を指す言葉です。

・実はすでに他にもユニバーサルアプリはたくさん

実はこのアプリ以外のWindows 10に標準搭載されているアプリの中にも、このUWP版のアプリがいくつも含まれています。メール/カレンダーアプリや天気アプリなども、おそらくUWP版となっています。

従来はストア アプリと呼ばれていたものですが、それがUWP版となることで1つのアプリでPCにもスマホにも対応が可能になり、アプリ開発者にもユーザー(特にWindows 10スマホユーザー)にもメリットがある仕組みなっています。

パソコンのWindows 10からは、UWP版のアプリも従来のデスクトップ向けのアプリと見た目上の違いがなくなっています。

さらに今後のWindowsのアプリは基本的にはこのUWP版に移行していく方向になっていて、いつの間にかUWP版アプリを使っていた、なんてケースがどんどん増えていくでしょう。