Skylake+Windows 7/8.1でサポート期間短縮?MSの方針変更に騒然

05_P04

今年の1月にマイクロソフトは突然Windows 7/8.1のサポートポリシーの変更を発表しました。それは、Skylakeこと第6世代のCoreプロセッサを搭載したパソコンでは、サポート期間を2017年7月17日まで短縮する、というものでした。

当然、関係するユーザは猛反発したはずです。パソコン関係者も騒然としていました。

そういった極めて大きな反響を受けて、マイクロソフトは3月にまた方針を変更。第6世代のCoreプロセッサ搭載パソコンで動作するWindows 7/8.1のサポート期限は、2018年7月17日までとしました。

・本来のサポート期限は

元々、Windows 7搭載パソコンのサポート期限は2020年1月14日まで、Windows 8.1のサポート期限は2023年1月10日まででした。ただし、もう既にどちらもメインストリームサポートは終了しており、延長サポート期間に入っています。

この日付から考えると、3月にさらに方針を変更した内容でも、本来のサポート期間よりもかなり短縮されてしまっています。

・関係するのは第6世代のCoreプロセッサのみ

ただ、この件にひっかかるのは、第6世代のCoreプロセッサだけです。CPUの型番がCore i7-6700Kなど、4桁の数字が6000番台のものだけが該当します。それ以前のCoreプロセッサには関係がありません。

・重要なセキュリティパッチは期限いっぱいまで提供される見込み

ただし、重要なセキュリティ関連の修正に関しては、Windows 7/8.1ともそれぞれのサポート期限いっぱいまで提供を続けると対応が変更されました。

ですので、基本的にはどちらのOSもサポート期限いっぱいまでは、完全ではないものの利用を続けることは出来そうな雰囲気になっています。

・新プロセッサはWindows 10でしかサポートされない

加えて、第7世代のCoreプロセッサなど、今後登場する新CPUはWindows 10でしかサポートしない、という条項も付け加えられています。

各メーカーが発売する完成品のパソコンでは搭載するOSは基本Windows 10に切り替わっていっていますから、今後の新製品に関して特に気にする必要はないでしょう。

問題になりそうなのは自作ユーザーでしょうか。新CPUで組んだパソコンでWindows 7を使いたいと思っても、きちんと動作する保証はなくなります。

・強引なMSの動きの背景には

かなり強引とも思えるマイクロソフトのWindows 10押しの背景には、恐らくWindows XPサポート終了時のドタバタが、マイクロソフトにはトラウマレベルの悪い記憶として残っているのでしょう。

今はWindows 7が当時のXPと同じようなポジションにあります。このため、多少強引にでもWindows 10への移行を推し進めて、Windows 7サポート終了時のショックをやわらげたい意図があるのだと思います。

Windows 10は既にかなり良く出来たOSですし、今年7月頃にはまたさらにユーザインタフェースなども改善され、新機能も盛り込まれます。新しい乗り換え先として十分検討に値するOSだと思います。