Anniversay Updateのプレビュー版か?Win10IPビルド14316提供開始

05_P01

2016年夏に予定されているWindows 10のAnniversary Updateの新機能を先取りして利用可能な、インサイダープレビュー版、ビルド番号14316が利用可能になりました。

リリースのタイミング的には、これがそのままAnniversay Updateになるのではないかと思われます。

・新機能盛りだくさん

おそらくAnniversay Updateで利用可能になる新機能はこのプレビュー版にも盛り込まれていると思われます。大きな機能だけを取り上げても結構な数になるアップデートです。

前回の大規模アップデートが機能面ではちょっと期待外れだっただけに、今回はいろいろと新しい機能だけでも楽しいアップデートになりそうです。

・パワーユーザー、開発者注目のbash

コマンドプロンプトを使わない方には、多分、なぜこの機能が注目されるのかさっぱりだと思いますが、Anniversay Updateの発表が行われたマイクロソフトの開発者向けカンファレンスのBuild 2016会場では、このニュースに一番喝采が集まったそうです。

bashというのはUNIXやLinuxといったOSで動くコマンドプロンプトのようなものです。文字ベースのコマンドを使ってOSの色々な操作を行うことが可能なプログラムのことです。Windowsのコマンドプロンプトよりもずっと柔軟で強力な機能を持っています。

たくさんのファイルをまとめて扱う、なんてケースでは、画面上でのマウス操作で処理を行うよりもずっと効率よく作業を行える場合が多くなります。

このbashですが、実はこのプログラムが動くようになっただけではなく、Windows上にある種類のLinuxの環境がほぼそのまま移植される形になるようです。ですので、機能名としては「Ubuntu on Windows」と呼ばれるようです。

この機能を追加するとUbuntuというLinux用に作られたアプリをWindows 10にインストールして動かすことも出来るようになる模様です。

著者もUNIXで育った世代ですので早速この機能を試してみていますが、やっぱりなじみのコマンドが使えるとなにかとはかどります。

・Edgeで生体認証サポート

Windows Helloの機能を使うと、カメラを使って顔認証でログインしたり、指紋認証でもログインが行えます。この機能をEdgeからも利用できるようになります。

携帯電話のサイトなどでは一部生体認証によるWebのサービスへのログインのサポートが始まっていますが、同じようなことをWindows 10とEdgeの組み合わせでも行えるようになります。

Webサービスのセキュリティのレベルを一気に引き上げることが出来そうです。

・無線LAN内蔵パソコンがMiracastレシーバーになる

「接続アプリ」が実装され、無線LAN機能を搭載しているパソコンは無線でディスプレイ接続を行える、Miracast機能のレシーバーとして動けるようになります。Windows 10 Mobile搭載スマートフォンのContinuum機能で、スマートフォンの画面をノートパソコンに表示したりすることが可能になります。

現実的にはこの例はあまり意味がない使い方ですが、色々な可能性が広がりそうな機能です。

・Fastリングに配信中

このプレビュー版は現在は「Fastリング」と呼ばれる、テストがまだ十分ではないバージョンを先行して受け取れるグループだけに配信されています。いち早く新しい機能を利用したい方は、プレビュー版の配信ポリシーを変更してみましょう。

ただし、不具合にぶつかる可能性は高くなります。その部分は使う人それぞれが何を重視するかを考えて選択しなければなりません。

マイクロソフトでもFastリングは、メインで使っているパソコンには入れないことを推奨していたはずです。