2in1パソコンってどういう機種?

04_P02

ここ1年ぐらいでしょうか、ノートパソコン、特に持ち運んで使うことを意識したモバイル型のノートパソコンのジャンルで盛り上がりを見せているパソコンのカタチがあります。

それが「2in1パソコン」と呼ばれるタイプ。

今回はこの2in1パソコンがどのようなもので、どのようなシーンで便利なのか、そのあたりを紹介します。

・(ノートパソコン+タブレットパソコン)÷2?

2in1パソコンの「2in1」のところは、パソコンとして2つのモードを行ったり来たりしながら、自由に切り替えて使えることを意味しています。

具体的には今売られている2in1パソコンでは、タブレット型のパソコンと、一般的な2つ折れのクラムシェル型と呼ばれるノートパソコンの形態を両立したタイプのパソコンのことを指しています。

2つの役目を1台で、というところから「2 in 1」と呼ばれるようになりました。

・2in1パソコンの仕組み

ほとんどの2in1パソコンではだいたい同じような考え方の仕組みを使って、タブレットパソコンとノートパソコンの機能を両立させています。

パソコンを作る上でどうしても必要なパーツを基本的には全てノートパソコンの液晶画面側に詰め込んで、液晶画面側とキーボード側を分離できるようにしたものが1つのパターンです。タブレット端末に、外付けのキーボードがドッキングできるようにした、と考えてもいいかもしれません。

もう一つのパターンは、一般的なノートパソコンと同じように、パソコンとしての重要なパーツであるCPUなどはキーボード側に搭載したまま、液晶とキーボードの間のヒンジ部分に工夫をして、液晶画面を上にしたカタチで畳めるようにしたものです。

この二つの方式は、どちらにも一長一短があります。

キーボードを分離できる方式の方が、タブレット端末として使う時には重量が軽くなります。その代わりこちらの方式は、ドッキングさせた時に液晶側の重みで後ろ側にパソコンが倒れ込まないように、キーボード側にある程度の重さが必要になって、ノートパソコンとしての重量は重めになりがちです。

また、同じ理由で、ドッキング時には液晶を開ける角度が制限されてしまいます。膝の上に載せて使う時に若干液晶が見にくくなる場合があります。

キーボード部を分離しないタイプでは、タブレット端末として使う時にも重量を軽くすることが出来ません。その代わりノートパソコンとして利用する時には、液晶の使い勝手にはほとんど制限がなくなります。

どちらの方式がいいかは、使う人のそれぞれのパソコンとのつきあい方次第といった感じです。

・Surfaceシリーズが今の2in1パソコンの典型例

マイクロソフト自らが開発・発売しているSurfaceシリーズが今の2in1パソコンの様子を一番良く表している感じですね。

Surface Pro 4、Surface 3はタブレットパソコン側からの2in1パソコンへのアプローチ。Surface Bookはノートパソコン側からの2in1パソコンへのアプローチの典型的な例と言っていいと思います。

Surface Pro 4、Surface 3は基本はタブレット端末で、タイプカバーを追加すると、「ノートパソコンとしても」使える。Surface Bookは基本ノートパソコンですが、分離すれば「タブレット端末としても」使える。そんなイメージでしょうか。

・両者のいいとこ取りをしたい

インターネットにたくさんあるいろいろなコンテンツを見ていくだけであれば、タブレットパソコンの気楽さ、使いやすさは最高ですよね。その代わりひとたび何か文章などを作る立場になると、やっぱりしっかりした物理的なキーボードのあるパソコンの方が圧倒的に作業の効率が高くなります。

2in1パソコンはその両方のいいとこ取りを狙って作られたパソコンの新種なのです。