Surface Bookってどう?

04_P01

Surface Bookはマイクロソフトが自ら開発・販売を行なう2in1と呼ばれるタイプのパソコンです。マイクロソフトが「究極の一台」とまで言い切る、渾身の一台のようです。

既にマイクロソフトからはSurface Pro 4、Surface 3と、2機種のタブレットパソコンを基本とした2in1パソコンが発売されています。一応、これらの機種と共通のシリーズと言うことになるのだと思いますが、実はパソコンの作りの方向性はちょっと違っています。

そういった部分も含め、今回はSurface Bookの使用感について紹介しようと思います。

・パソコンの性格の違い

Surface Pro 4とSurface 3は、タブレットパソコンのモードが基本になる機種です。

タイプカバーというオプションを追加することでノートパソコンのようにも利用できますが、あくまでタブレット端末の形が基本で、ノートパソコン的に利用できる部分はおまけ的な扱いです。まあ、「おまけ」とはいってもかなりいい感じの使い勝手は実現できているのですけれど。

これに対してSurface Bookはノートパソコンの形が基本になります。「クラムシェル型」と呼ばれる2つ折れの一般的なノートパソコンとしての形が、Surface Bookの標準状態、というイメージになります。

ノートパソコンの液晶側にパソコンとしての重要なパートを全部集め、液晶部分を取り外すとタブレット端末としても使えますよ、といった感じで、Surface Bookではタブレットモードがオプション的な扱いになります。

・タブレットモードでは一部の性能が変化する

Surface Bookはキーボード部分を分離してタブレットモードにすると、パソコンとしての性能が一部変化します。

まずバッテリーの容量が半分になります。

Surface Bookでは、液晶画面側とキーボード側の両方に半分ずつバッテリーを搭載する形になっていて、分離するとバッテリー駆動時間もだいたい半分に減少します。

また、Surface Bookの上位機種はキーボード側の筐体の中に外部GPU(画面描画用のプロセッサ)を搭載しています。

この外部GPUは、独立したGPUとしてはエントリークラスの性能のもので特に高性能と言うことはないのですが、Surface Bookで採用されているインテル製CPUに統合されているGPUに比べると数倍程度は性能があります。このためSurface Bookはタブレットモードにすると、グラフィックの性能が低下します。

こういった性能が変わる部分からも、Surface Bookではノートパソコンの形が本来の姿で、タブレットモードはオプション的な扱いになっているのが分かるのではないでしょうか。

・とてもキレイな表示の液晶パネル

Surfaceシリーズ共通の特徴は、とても色の再現が良くて高解像度の液晶を採用していることです。そしてその液晶も画面のドット数の縦横比が2:3という、今までのパソコンにはあまりなかったサイズが共通して使われています。

最近のパソコンのディスプレイで多く採用されている縦横比9:16のパネルよりも一般的な紙の縦横比に近く、電子書籍などを読むには相性が良いサイズと言われています。

スマートフォンの液晶パネルよりはドットの密度が低くなりますが、ノートパソコンはスマートフォンよりも利用する距離が遠いため、普通にSurface Bookを使っている範囲では、ドットの存在が分かることがほとんどありません。写真などを表示してもとても色鮮やかでなめらかな、美しい表示が行えます。

・最上級のキーボード

Surface Bookに触ってみて一番感激したのは、実はキーボードの出来の良さです。

キートップのぐらつきが非常に少なく、キートップを支えるパーツなどのガタがほとんどないようで、どんなキーの打ち方をしても、カチャカチャいうような安っぽく、うるさい打鍵音が一切ありませんでした。

キーの土台は強く押すとたわんでいるようなんですが、キーの周りのフレームはそれに引っ張られてたわむようなことが一切ないため、見た目上キーボードのベースががたわんでいることには全然気がつきません。

こういったことの積み重ねで、素晴らしくタッチの良いキーボードが実現されています。

・もちろん高性能

CPUには最新の第6世代Coreプロセッサを搭載していて、性能面でも抜かりはありません。外部GPUを搭載したモデルならば、ドラクエXぐらいの画面の3DのものゲームもフルHD解像度で普通に遊べてしまいます。

また、よほど重い処理を長い時間実行しない限り、熱で性能がダウンしてしまうこともなさそうです。冷却機構がすごく頑張っているようで、ドラクエXのベンチマークを実行していても、冷却用ファンが回り出さないことがほとんどでした。

・問題はお値段?

ただ、Surface Bookは今のパソコンの水準を考えると、とても高価なパソコンです。作りは素晴らしくて間違いなくお値段分の価値はあると思うのですが、購入するにはやはりちょっと敷居は高いと思います。

でももし予算が許すなら、欲しいパソコンの一台ですね。あのキーボードのソリッドさは、やはり素晴らしいものがあります。