失われたファイルを復元してくれるソフトウェア「EaseUS Data Recovery Wizard」 [PR]

昔は、パソコンのハードディスクがクラッシュして中に入っていたデータが失われるという事件が稀にですが起きていました。バックアップを取ろう取ろうと思ってもだんだん面倒臭くなって取らなくなり、ある日パソコンの電源を入れると真っ青な画面が出てきて自分の顔色まで真っ青になったり。それで後悔してバックアップを取るようになっても、何年か経つと喉元過ぎれば熱さ忘れて。。。RAID組んだりした時もあったんですけど、ずっとカリカリカリカリ言っている気がして鬱陶しくないですか?夏暑いし。そんな感じで、バックアップは本当に必要なファイルだけを定期的に手動でやるとか、半分諦めたような運用をしていました。

でも、MacBookAirを使い始めて、さらにTimeMachineでのバックアップをTimeCapsuleに取り始めてから、そういう不安や心配はほとんどなくなったように思います。だって、何もしなくてもWi-Fiにつなげれば勝手にバックアップを取ってくれるし、バックアップの最中にカリカリうるさいとか、処理が重くなったりとかもしないので。超快適です。

しかしこの方法にも弱点はあります。しばらく自宅から離れるような時はTimeCapsuleに接続できないので、バックアップは取れないし、もしファイルを誤って削除してしまったりすると自宅に帰るまではリカバリが効きません。そして、出先で作成したファイルにはバックアップがそもそも無いです。TimeCapsuleの「WAN経由でディスクを共有」をすればできるみたいなんですけど、セキュリティを考えるとちょっとやる気にはなれないんですよねぇ。インターネットの接続環境からも難しいですし。

そんな時に、失われたファイルを復元するソフトウェアとして「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」があります。

Mac用の無料データ復旧ソフト – EaseUS Data Recovery Wizard For Mac Free

削除・フォーマットした、またはアクセスできないデータを2GBまで無料回復

Macから削除したいかなる形式のデータを簡単なクリック操作で復元できる無料のデータ復旧ツールとして、EaseUS Data Recovery Wizard For Mac Freeは失われた動画、写真、音楽、ドキュメント、メールなどを迅速に復元できます。Macパソコンのほか、HDD、SSD、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、デジカメ、携帯電話、音楽プレーヤーなど、さまざまな端末にも素敵に対応!それに、わずか3つのステップで、削除、フォーマット、或いは原因不明で消失したデータを取り戻せます。

無料版で2GBまでは復元できるので、お守りとしてダウンロードしておくと役に立つ時がくるかもしれません。もちろん、役に立つ事態は来ないことに越したことはないんですけど。来る時は来る。有料版は、復元可能なデータ量が無制限になるとともに、永久的なアップグレードとサポートがついてきます。

実際に使ってみましたが、使い方はすごく簡単。復元したいファイルの種類を選んで、さらに復元したいファイルが入っているHDDを選びます。するとハードディスクのスキャンが始まります。このスキャンはボリューム全体をやることになるので、少し時間がかかるし、ノパソならバッテリーを多少食うことに注意。スキャンが終わると復元可能なファイルのリストが出てくるので、選んで「リカバリー」するだけ。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Free – 操作ガイド
https://jp.easeus.com/tutorial/mac-data-recovery-free.html

なお、このソフトの真価が発揮されるのは人的な操作ミスによるファイル削除だけではなく、ウイルスやパーティション領域データの喪失など、もっと深刻な事態のようです。

削除、フォーマット、ウイルス感染、ソフトウェア障害、ディスク障害、パソコンの突然のシャットダウンなど、予想しない原因によって起こされたいずれのデータ損失状況に対応できる

こんな状況にはなってほしくないですけど、こんな状況に陥る可能性は常日頃あります。地震に備えて保存食や飲料水を備蓄するのと同じように、パソコンの被害にも備えをしておきたいですね。

もちろん、Mac用だけではなくWindows用もあります。画面などユーザインタフェースが少し違うだけで、機能的にはMac用と変わりません。無料で2GBまでは復元できるという点も同じです。ランサムウェアなどのウイルスは、Macを攻撃するものも当然ありますが、どちらかというとWindowsをターゲットにするものが多いはずです。Windowsをメインに使っている方であれば当然備えておいた方が良いですし、仮にMacがメイン機でWindowsはサブとして使っているんだとしても、両方データを復元できる環境を構築しておくことに越したことはありません。

Windows用のデータ復旧ソフト – EaseUS Data Recovery Wizard Professional