Windows Helloって何?

03_P03

Windows 10では顔認証などの、いわゆる「生体認証技術」を利用したログイン方法が用意されています。この機能をWindows Helloという名前で呼んでいます。

・ログイン操作が一瞬で

Windows Helloを利用するとWindowsへのログイン操作を、パスワードやPINコードなどの入力をせずに行うことが出来るようになります。例えば、Windows Helloに対応するカメラを搭載したSurface Pro 4では、顔認証によるログインが行えます。

利用の設定も簡単で、一度ログインのためのPINコードの設定が必要になりますが、その後はウィザード形式の設定画面のガイドに従って、顔の情報をSurfce Pro 4のカメラで撮影して登録するだけでOKです。

さらに「精度を上げる」という機能を利用して、メガネの有無や少し違う角度の顔の情報などを追加登録して認証の精度を引き上げることも出来ます。

Windows 10搭載Surface Pro 4では電源投入後、OSが起動したらすぐにカメラがONになって登録されている人の顔を探しに行き、普通にパソコンを利用する距離に顔があれば、一瞬で認証が行われて自動的にデスクトップ画面が表示されます。

カメラに写る範囲内であれば、カメラとの距離が設定時と若干異なっても、顔の向きが多少異なっても問題なく認証が行われるなど、かなり実用性が高い機能に仕上がっています。

また「精度を上げる」機能を使い込んでいくと、一卵性双生児の顔の見分けもつくそうです。

・Windows Helloで利用できる生体情報

Windows Helloでは顔認証だけではなく、その他の生体情報を利用した認証も可能です。利用可能なものには指紋、虹彩(瞳)といったものもあります。

さらに対応するセンサーさえあれば、その他の生体情報(手の静脈とか)による認証も可能になると思います。

ログイン操作も簡単になり、パスワードやPINコードによるログイン操作よりもずっとセキュリティの高い認証方法です。

・顔認証には対応専用カメラが必要

ただ少し利用には条件があって、通常のWebカメラではWindows Helloの顔認証は行えないようです。Surface Pro 4などに搭載されている「RealSence 3D」カメラなど、専用のハードウェアが必要になります。

その部分で一つ敷居はありますがセキュリティの観点で考えるならば、今後どんどん普及して、こちらがむしろログイン方法のスタンダードになって欲しい技術だと思います。

また、AndroidOSのスマートフォンでは、ロック解除だけではなく各種Webサービスのログイン認証も、指紋センサーなどで行うことが出来る機種もあります。

Windows HelloもWindowsへのログインだけではなく、このようなネットのサービスでの認証へも対応を広げていって欲しいところです。そういった形で応用範囲が広がれば、ネットバンキングなどをはじめとするネットワーク上のサービス利用の安全性もより強固なものになっていくでしょうから。