パソコンでもっと深くデジタルカメラの画像を活用する方法

P06

デジカメって、パソコンなどのデジタルガジェットとの相性がとても良いアイテムです。デジカメで撮った写真は、パソコンに読み込んでそのまま表示、加工が可能で、様々な使い途に利用することが出来ます。

そこからさらに一歩進んで、デジカメの写真をより高画質な形で、パソコン上で作り上げるための仕組みも用意されています。

今回はそのあたりの、ちょっとディープかもしれない、今の写真のあり方を取り上げてみます。

・写真データのRAW形式

今回のお話の出発点になるのは、高性能・高機能なデジカメにはたいてい搭載されている、写真のデータの保存形式の「RAW形式」です。

RAWは英語の生の、とか、調理前の、といった意味の言葉ですが、デジカメのRAW形式もこの意味を使っています。

デジカメのデータの場合には、カメラの内部で普通に見ることが可能なJPEGなどの形に加工せず、イメージセンサーから読み出したデータをデジタル化しただけで、未加工の状態で記録したデータのことをRAW形式のデータと読んでいます。

・RAW形式の写真データからパソコンで写真を「現像」する

「現像」というのはフィルム時代の写真で、撮影後のフィルムに化学処理を行なって、写真を目で見られる状態にする手続きことです。

デジタルカメラでは、RAW形式の写真のデータに対して画像処理のプロセスを適用して、普通にパソコンやスマートフォンなどで見られる形の写真のデータを作る手続きのことを、フィルムの写真に習って「現像」処理と呼んでいます。

この「現像」処理をパソコンで行なうことが、今回のテーマの内容です。

この処理をパソコン側で行なうことで、デジカメ内部で自動的に写真のデータを生成するよりも、より深くいろいろな調整などを写真に施すことが可能になります。

・パソコンの方がずっとパワフル

デジタルカメラ内部でも通常の写真の形式のJPEGなどのデータを作る時には、上に書いたような「現像」の処理が動いています。ただ、デジタルカメラに搭載されている映像エンジンの処理能力には限りがあります。

さらに、写真を作り上げるのに使える時間もとても限られていますので、いろいろな要素をギリギリのところで妥協した結果がカメラで生成する写真のデータという形になっています。

これに対してパソコンに搭載されているCPUは、今の最先端のパソコンならば非常に高性能で高機能です。さらに、パソコンで写真の処理を行なう時には、処理時間にあまりこだわる必要がありません。

1枚の写真を5秒とか10秒かけて、じっくりと高画質なデータを生成することも許容できる訳です。

こういった事情がありますので、リアルタイムに撮影現場でカメラの内部で生成する写真データよりも、パソコンの作業では、より画質も良く、いろいろな処理にこだわった写真の作り込みが行えるようになっているのです。

・RAW形式で残しておけば、修正の余地も大きい

実はイメージセンサーから読み出したデータは、JPEG形式の写真のデータよりもずっといろいろな情報が豊富に含まれています。

このため、露出を失敗して画面の明るさが暗くなりすぎたり、明るくなりすぎてしまった場合にも、修正の許容範囲がかなり広くなっています。

画面の明るさの決定が難しいシチュエーションの写真では、RAW形式でとりあえず保存しておいて、後から家に帰ってじっくり写真を追い込む、といったやり方も可能になります。

RAW形式はデータサイズが巨大で、1枚のメモリカードに保存できる枚数が減ってしまいますが、その分、たくさんのメリットも詰め込まれている保存形式なのです。