「ベストエフォート」って何のこと?

P04

最近ですと携帯電話の実効通信速度が問題になったことがありました。

キャリア側は回線の規格上の論理的な最高通信速度を表示して宣伝等を行なっていますが、実際の通信速度は、携帯回線の仕組み上からも、最高通信速度とは大きくかけ離れて低速での通信しか行えないことが問題とされました。

形態回線だけではなく、WiMAXや古くはADSL回線、今の光通信でも、理論的な通信速度の最大値と実際の通信速度の差が問題視される場合があります。

このような通信方式のサービスは「ベストエフォート」方式と呼ばれます。この「ベストエフォート」とはいったいどういうことでしょう?

・直訳は最善の努力、だが

ベストエフォートは読みから想像されるとおり、英語のBest Effortから来た言葉です。直訳すれば最善の努力となって、サービスを提供する会社が、サービス品質に対してできる限りの努力をします、と言ったような解釈となるでしょうか。

ですが、実際のサービス品質に関する保証はできません、という意味でもあります。

各種のインターネット接続サービスに置き換えて考えれば、通信速度を高める努力はしますが実際の通信速度の保証は出来ません、というのが「ベストエフォート」のサービスの正体です。

・論理通信速度と実通信速度の乖離

ADSLの通信でもそうでしたが、現在の携帯回線を利用するインターネット接続サービスでも、論理的な最高通信速度と、実質の通信速度の差があまりにも大きいことが問題視されています。

日本国内のLTE回線での理論的な最高速度は300Mbpsにまで達していますが、そのサービスが受けられるエリアでも混雑している時間帯であれば、実効通信速度は10Mbpsに満たないことが多いでしょう。

このため、今後、携帯回線経由のインターネット接続では、実測の通信速度の表示が必須となるよう指導が入りました。そう遠くない将来、携帯回線の通信速度表示は、理論最高速度~Mbps、実効通信速度~Mbpsといった2本立てのような表示に切り替わると思います。

数字としてわかりやすいのはインターネット接続回線ですが、比較的安価なインターネット界隈のサービスでは、ベストエフォート型となっているサービスが多くなっています。

・ベストエフォートに対する言葉はギャランティー

ベストエフォート型の対照となる言葉にはギャランティー型というサービスがあります。

こちらでは、インターネット接続サービスで考えると、ある程度の通信速度を保証するサービス、ということになります。どれだけ回線その他が混雑しても、規定された通信速度は必ず確保されるということになります。

このため各種設備に余裕が必要となり、サービスの料金もベストエフォート型よりもずっと高価になるのが一般的です。

通常は、それだけ高価な費用を払ってでも確実にサービスを受けられる必要のある、企業ユーザなどが利用するサービスとなります。