インターネット接続環境のおはなし。回線の種類

P15

パソコンでインターネットを利用するときの回線には一番の大本で分けると、無線通信を利用するものと、有線の固定回線を利用するものとの2種類に分けることが出来ます。そしてそれぞれの中で、またより細かないくつかの回線の種類があります。

パソコンでのインターネット接続のための回線の種類について、その内容を紹介してみましょう。

・有線・固定回線

今、一般的な普通の家庭で利用可能な有線接続のインターネット接続回線は、光ファイバーを利用する接続と、電話線を利用するサービス、ケーブルテレビの配線を利用するサービスが主なものです。

光ファイバーを利用する接続は、それぞれの家庭まで光ファイバーが行っている、ということから、「FTTH」(Fiber To The Home)などと呼ばれたりすることもあります。フレッツ光やauひかりなどのサービスがこれに当たります。

ちなみに、集合住宅用のマンションタイプと呼ばれる契約では、厳密には各戸まで光ファイバーが届いていないケースもあります。マンション内の配線のみ、電話線の金属配線を利用する方式もあります。

この方式では、光ファイバーでやりとりできる100Mbpsとか1Gbpsといった転送速度を、何軒かの家庭で共有して使用します。このため、たくさんの家庭がいっぺんにインターネットを使う時間帯では、回線の転送速度が低下しがちです。また、論理的な最大速度の上限まで使い切ることはまずできません。

光ファイバーを使う方式の特徴は、パソコンからインターネットにデータを送る側(上り)の転送速度も、インターネットからパソコンにデータを送る(下り)転送速度と同じ速度が理論的には出せることになっていることです。

電話線を利用することでインターネット接続のサービスを提供するのは、ADSLと呼ばれるサービスです。ただ、こちらのサービスは、光ファイバーを使うサービスや携帯無線通信の普及に押されて、利用者が減少して、サービスを提供する会社もどんどん減ってきているのが現状です。

このサービスは上り方向のデータの転送速度が下り方向よりもずっと遅く、その特徴がサービスの名前にもなっています。また、基地局からの距離など、回線の状況によって大幅に速度が変化する(遅くなる)ため、論理的な最大速度がほぼ、意味のないサービスになっています。

ただ、電話線が引いてあれば、余分な工事がほとんど必要ないため、コストや敷設にかかる時間は短くて済むメリットもあります。

ケーブルテレビ会社の提供するインターネット接続サービスの多くは、自社の映像を配信するためのケーブルを利用して行われています。ケーブルテレビの映像のデータが今はそもそもデジタル化されていますので、それを送るインフラがほぼそのまま利用できるといった形です。

このタイプも下りよりも上りの転送速度が抑えられていることがほとんどです。ただ、上りの転送速度が必要なケースはとても限定的ですので、実用上問題になることは滅多にありません。

ケーブルテレビを契約している方は、余分な配線などを増やすことなく、割安な価格でインターネットを利用できるサービスとなっていることが多いです。

・携帯回線

携帯電話や、データ通信専用の無線通信技術を利用してインターネット接続を行うサービスです。

今では、固定電話を持たない方も多く、インターネット接続もスマートフォン経由のみ、という方も増えているでしょうから、今では、こちらの接続の方がインターネットに入ってくる人口の多くを占めるようになっているようです。

回線を引っ張ってくる工事が必要ありませんので、どこでもすぐに使えるようになるのが最大のメリットかもしれません。

転送速度もLTE回線など、通信技術の進歩でかなり高速になりました。回線さえすいていれば、ADSLの速度を軽く超え、光のサービスに迫る速度が出ることもあります。

ただ、電波やその先の回線をたくさんの人で共有して利用しますので、混雑する場所では極端に転送速度が低下する弱点があります。また、通信の安定性では、有線の回線に何歩も譲る形になります。

現在の携帯無線通信の料金プランでは、データ量使い放題のものがほとんどありませんので、大量データのやりとりを行う用途には、本来あまり向いていません。

多くの人が何気なく見ているネット動画、恐らくあれがインターネットを普通に使う中では、もっともデータ量を食うコンテンツです。何気なくスマートフォンでネット動画のはしごをしていたら、パケット料金が大変なことになった、というのは良くあるパターンではないでしょうか。