パソコン向けCPUのもう一つのメーカーAMDの動き

P13

パソコン向けにCPUを作っているメーカーは、以前はもっとたくさんのメーカーがありました。

ただ、その多くがインテルのCPUの互換製品を作るメーカーで、あるときからインテルがCPUの仕様諸々に関するライセンスの供与を止めてしまったため、それらのほとんどのメーカーが製造するものを変えるなどして姿を消していきました。

そんな中で最後まで生き残っているのがAMDです。このAMDのこれまでの動きをまとめてみます。

・Pentium4時代には優位に立つも

インテルがPentium4でつまづいたときに、AMDは実効性能でPentium4を上回るような製品を持っていました。それがAthlon64(アスロン64)シリーズです。

こちらはPentium4とは対象的に、CPU性能をクロックで稼ぐのではなく、クロックあたりの性能で稼ぐ方向性を打ち出していました。当時はパソコンの性能をCPUのクロックだけで見るような風潮があったため、動作クロックの低いAthlon64シリーズは当初は販売で苦戦をしていたようです。

このため、Pentium4の動作クロックに相当すると思われる「モデルナンバー」という指標をCPUにつけることで、相対的な性能をわかりやすく利用者に見せようとしていました。

パソコンに詳しいユーザからAthlon64シリーズの実効性能の優秀さが徐々に広がっていき、少しずつPentium4のシェアを奪う形になっていた時期がありました。

CPUのコアを複数持たせる際にもAthlonシリーズがPentium4より先行する形になり、そのこともAthlonの勢いを後押しする形になっていたと思います。

・インテルからCoreプロセッサシリーズが登場することで勢いを失う

ですが、そのあとのインテルの動きが素晴らしく速く、大ヒットしたCore2DuoシリーズにつながるCoreプロセッサが発売され、Athlonシリーズは再び一時の勢いを失うことになります。

その後はそもそもの会社規模の違いからくる、開発能力の差をインテルが見せつける形となって、現在まで続くCoreプロセッサがパソコンCPUを席巻しています。

CPUのクロックあたりの性能を引き上げるのは設計が大変難しく、大量のトランジスタが必要になります。このため、インテルと同じ方向性では勝負にならないと踏んだAMDはCPUの開発方針を180度転換、CPU構造を比較的シンプルにして、動作クロックで性能を稼ぐ方向に舵を切り直しました。

が、結果的にはこれが裏目に出て、それ以降今に至るまでCPUのジャンルでは完全にインテルにおいて行かれる形になりました。

・GPUとの統合

今のAMDの強みはGPUメーカーのATI社を吸収する形で、強力なGPUを開発する能力を取り込んだことです。このため最近は、CPU単体よりも、インテルの弱点であったチップセットに内蔵されたGPUや、CPUに統合されたGPUのジャンルで勝負を挑んでいます。

CPU性能ではインテルの製品に水をあけられているため、GPUのもつ膨大な演算性能を活かせる地盤作りを継続して行っています。

また、最新のゲーム機のPlayStation4、X-BOX OneにAMDのカスタムCPUが搭載されたことも、AMDの勢いを復活させる一因になるかもしれません。

台数ベースでは大きなインパクトにならないことも考えられますが、最新ゲーム機向けのソフトがAMDのGPUに最適化される形で制作されるようになることも考えられますので、パソコンの市場でもAMDのGPU、ビデオカードが活気づく可能性を秘めています。