一般的な使い方なら必要十分。インテルの省電力向けATOMプロセッサ

P12

パソコンのCPUはインテルのCoreプロセッサシリーズに代表されるように、ひたすら高性能を求めて突き進んできた歴史があります。ですが、ここ数年少し流れが変わってきました。

CPUの評価の指標として絶対的な性能のほかに「電力効率」というものが注目されるようになってきました。この流れをくむ形で新たに生まれ変わることになったのが、インテルのATOMシリーズのCPUです。

・以前は評判の悪かったATOMシリーズ

インテルの低消費電力向けのCPUとしてATOMシリーズはずっと以前から販売が続けられてきました。低消費電力目的と1チップの値段を低く抑えるために、性能面はかなり妥協をした設計になっていました。

一時期Windowsパソコンでは、「ネットブック」と呼ばれる安価なモバイル型のノートパソコンが盛り上がりを見せた時期があります。性能的にかなり限定的なものとした代わりに、当時のパソコンとして画期的に安い価格が受けて、それなりの流行を見せました。このころネットブックのCPUとして多く利用されたのがこのATOMシリーズのCPUです。

ネットブックはWebサイトの閲覧などには十分に使える程度の性能はあったのですが、本来ネットブックには荷の重い作業までこれ一台でまかなおうとした人も多かったようで、そうなると当然ネットブック自体の性能の低さがネックとなり、あっという間にネットブックの盛り上がりはしぼんでしまうことになりました。

このときの悪印象から、インテルのATOMシリーズのCPUは未だに悪いブランドイメージを引きずる形になっています。

・一つ前の世代のATOMからは以前とは全くの別物

ですが冒頭に書いたように、ここ数年パソコン界隈を巡る状況が変化してきました。パソコンの主流もデスクトップパソコンからノートパソコンに移行し、タブレット端末が台頭しました。

パソコンの絶対的な高性能が求められるのは、何か新たにものを生産するときのことがほとんどです。動画を編集してエンコードしたり、撮影した写真にレタッチをかけたり、クリエイティブな作業には高性能のパソコンが必要です。

ですがタブレット端末は主に出来合のなんらかのコンテンツを見るためだけに使われることが多いものですので、本格的なパソコンのようなハイパワーは必要ありません。

むしろ、小さな本体でバッテリーによる動作で十分な駆動時間を確保するために、消費電力がの小ささ非常に重要な要素になってきました。このためATOMシリーズのような消費電力の低いCPUに再び注目が集まるようになったのです。

ただやはりインテルでもATOMシリーズの性能の低さは認識していたのと、携帯電話やスマートフォン向けのCPUとして全く別の設計が行われたCPUが、タブレットのジャンルでも幅をきかせ始めていたこともあって、インテルではATOMシリーズを全く別物のCPUに生まれ変わらせました。

もちろんCoreプロセッサシリーズほどの性能はありませんが、圧倒的な低消費電力でそこそこの性能という、とても使いやすいCPUとしてリリースしています。

この今の基準での「そこそこの性能」があれば、Webサイトの閲覧やオフィスソフトを使って文章を作成する、などといった用途は十分にこなせます。ネット動画や軽いゲームなども十分に動かせる性能があって、新しいATOMシリーズはタブレット端末のジャンルで大成功を収めつつあります。

また、非常に消費電力が低く発熱も小さいことから、従来では考えられなかったような超小型のパソコンを生み出すことにもなりました。

今後は本当に高性能が必要な用途向けのパソコンのみCoreプロセッサのような超高性能のCPUが使われ、一般用途向けのパソコンには、ATOMシリーズのような電力効率の優れたCPUが使われるような形で、パソコンの2極化が進んでいくかもしれません。