外出先でもパソコンをインターネットにつなぎたい

P10

最近のビジネスホテルなどにはほとんどの場合有線LANのコネクタや、無線LANの設備整えられています。ですので、出張などで出かけても宿ではインターネット接続環境に困ることはないでしょう。

ですが、本当に外出しているときにも、パソコンでインターネット接続を行いたい場合があります。普通の検索やネットで調べ物レベルであれば、スマートフォンで十分用が足りることもありますが、どうしてもパソコンが欲しいときもあります。

こういったケースで、出先でパソコンからインターネット接続を利用するための方法をいくつか紹介します。

・スマートフォンでテザリング

スマートフォンをお持ちの方であれば、ほとんどの場合この方法が利用可能です。スマートフォンに用意されている「テザリング」という機能を使います。

テザリングとは簡単にまとめてしまうと、携帯電話を携帯回線を利用するモデムやルータに変えてしまう機能のことです。多くのスマートフォンでは、パソコンとUSBケーブルで接続しての「USBテザリング」や、スマートフォンが無線LANの親機のようになる、無線LANを使う形でのテザリングが利用できると思います。

パソコン側は、スマートフォンとUSBケーブルで接続するか、無線LAN機能を使ってスマートフォンを無線LAN親機として接続を行うイメージです。

あとは、固定回線の光ケーブルなどの代わりに、スマートフォンの携帯回線を使ってインターネットに接続します。

携帯回線を利用しますので、スマートフォンのパケットを消費します。あちこちのWebサイトで調べ物程度であれば特に問題にならないデータ量ですが、ネット動画をたくさん見たり、大きなファイルのダウンロードを行うと、あっという間にパケット数がかさみます。この点には注意が必要です。

・公衆無線LAN(無線LANホットスポット)を使う

大きなショッピングセンターのフードコートやあちこちのカフェには、公衆無線LANと呼ばせる設備が設置されていることが増えました。

これらの公衆無線LANは、サービスを提供している会社に申し込みを行って接続用のIDを発行してもらうことで、自宅で無線LAN経由でインターネット接続を行うのと同じような形でネットを利用できるようになります。

こちらは無線LANの接続先は公衆無線LANを提供する会社の固定回線ですので、携帯回線のパケット数などを気にすることなく利用できることがメリットです。

ただし、同じ場所で同じサービスを利用している人たちの間で回線は共有されますので、大量データの転送などは控えるのがエチケットと言えます。

また、同じ公衆無線LANを利用している人たちと同じLANの中にパソコンがつながることになりますので、パソコンの設定でフォルダの共有などを行っている場合には注意が必要です。設定によっては共有フォルダの中身が、赤の他人から丸見えになってしまいます。

・モバイルルータを利用する

携帯の回線を使う形でインターネット接続環境を提供してくれる、モバイルルータという製品を使う手もあります。

モバイルルータは内蔵しているバッテリーで駆動できる小型の装置ですが、きちんとルータの機能を持っていますので、インターネット側とパソコン側のネットワークをきちんと分離してくれます。セキュリティ的にも安心感の高い製品です。

携帯電話回線を接続に利用する製品ではやはり携帯回線のパケットを消費しますので、大きなデータの転送などには向いていません。

データ通信専用の携帯回線のWiMAXなどではデータ量使い放題のプランもあったのですが、新規格のWiMAX2+では、月々のデータ使用量に制限がついたため、ネット動画をたくさん見るなどのハードな利用には向かなくなりました。

回線の転送速度については携帯電話回線が混雑していない場所であれば、ADSLなどの固定回線の通信速度を軽く超える速度が出るようになっています。